FC2ブログ

でたらめ山暮らし/ブログ版

昔話1 入植当日の光景

 我が家は土地の開墾や家の建築、水道などの設備関係を自分の手で行ってますから「入植」という言葉を使ってよいと思います。


 土地を購入して山の開拓へ乗り込むに当たって、常識的にまず必用なのは4WDの車でしょう。今でこそ公共工事のおかげで林道もそれなりに整備(拡張舗装)されてますが、当時はボコボコの悪路でしたからね。

 ところがあの頃は(今もですが)とにかく貧乏でして、車なんか買うお金がない。前は車と250ccのオフロードバイクを持ってたんですが、お金に困って売り払ってましたし …(^-^;
 手元にある乗り物は通勤用に使ってたスーパーカブ(初代)だけです。
 でも前の年、このカブにキャンプ道具を積んで北海道旅行をしてたから、原付で長距離も走れるし野宿のノウハウも身に付いてると自負はしてました。



 思い返してみると、ごたごた理想や能書きを語る前に、できない理由を並べる前に「できる範囲から行動してみる」「やってみてから再び考えてみる」のが私の信条みたいですね。
 カブで野宿ができるのだから、まずはこれで行ってみようと思ったわけです。


 で、山に乗り込んだはいいのですが自分の土地がどこなのかわかりません。…ええ、場所もよく確かめずに買ってしまったんですよ (^^;
 とりあえず林道の十字路の脇にテントを張りました。ちょうど山菜の時期でそこそこ車の往来もありましたから、通行者を片っ端から捕まえて山の住所に詳しい人を探そうという作戦です。
 親戚も知り合いも全く居ない土地ですから仕方ないですよねぇ…。



 こんな調子で「無鉄砲」なことばかりしながら今に至ってるわけです。当時20代の若さだったからできたんだろうな、と今では想いますけどねぇ…。


 そういや山に着いた日は雨でした。
 テントの中で自炊しながら、ふと外を見ると草むらからムササビが出てきましたよ。ちらっとこちらを見ましたが特に気にする様子もなく、スルスルと気を登って枝を飛び移りながら去ってゆきました。
 …それがこの土地で初めて出会った山の生き物でしたね。
スポンサーサイト



テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/294-049ac342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)