でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリとゴキブリ退治

 春になると屋内にアリとゴキブリが侵入してきます。

 ゴキブリは都会の生き物、というイメージの方も多いでしょうが、山ではありふれた昆虫です。
物かげや隙間に潜り込んでいるのを、よく目撃します。
 ゴキブリは不愉快なだけですが、アリは丸太土台の柔らかい部分に巣を作ってしまうので、シロアリほどではないけど危険な奴らです。

 そこで毎年春に奴らを見かけたら、ゴキブリ団子とアリの巣コロリを仕掛けていました。
これらを置くと、その年はもう出てこなくなるのです。
 ちなみにゴキブリはここ数年、屋内で姿を見なくなったので団子は仕掛けていません。
 
 問題なのはアリです。
相変わらず毎年出てくるのですが、ここ数年アリの巣コロリが全く効かなくなりました。
 以前は仕掛けてしばらくすると、行列で毒エサを運んでいたのですが今では見向きもしません。
今年は試しに他社の「アリ用コンバット」なる物に換えてみたのですが、やはり同様です。
 どうやら、この手の薬剤を憶えられてしまったようですね。
殺虫剤を吹いたところで、相手は大集団ですから無駄な努力なのは明白です。

 どうしたものかと考えていたら、最近はホームセンターで素人が扱えるシロアリ用の防虫剤が売ってるんですね。
 効果のほどは未知数ですが、今年は土台の補修をするつもりなので、そのついでにこいつを試してみようと考えています。
 
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。