でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IHで炊く玄米ご飯

 休日に実家から圧力鍋と玄米を持ってきました。
 実家じゃ私以外に玄米や圧力鍋に用はないから持ちだして怒られることはありません。もともと実家でも玄米を食べられるように、と私が買って置いたものですしね。

 山の我が家で長年使ってるのはアルミ製の鍋でIH(電磁調理器)じゃ使えません。
 しかし圧力鍋も安くなったもので昔は万単位の商品でした。我が家のは安売り品を見つけて7千円程で買いましたが、今じゃ写真のステンレス製が3千円台ですからねぇ。
 玄米を圧力鍋で炊くことに特にこだわりがある訳じゃなくて、単に普通の鍋や炊飯器で炊いたらお話にならない不味さだから、ってだけのことです。でも最新の炊飯器は優秀らしいし、もしかしたら玄米も美味しく炊けるのかもしれませんが、あんなの高すぎて手が出ませんよっ(本当は欲しいんですけど…)。
 野宿主体の自炊貧乏旅行と、山で電気のない生活をしてきたもんですから、私の中でご飯は鍋で炊くってのが当たり前で別に苦になりません。もっとも最近は電化生活をしてますから、面倒なので白米は主に炊飯器を使ってますけどね。

 P2278129.jpg

 私は玄米を炊くときは写真のように内釜を入れてます。これはセラミック製(要するに土鍋です)の"おひつ"として売られてるもんですが、取っ手が無いので収まりがいいんですね。内釜を入れることで時間も"いい加減"で焦げることなく、ちゃんと炊くことができます。特に冬場はガス台を使わずに、ほとんど薪ストーブの上で煮炊きしてますから"適当に片手間"でも、まともにご飯が炊けて便利なんですよ。外釜にはカップ1~2杯の水を入れておきます。


 というわけで、IHの炊飯に初挑戦です。今回は(というかよくやるのですが)少量の黒米とササゲ(アズキの仲間)などの豆類をを混ぜた「御赤飯」です。米には塩を少々(今回は南米産の岩塩です…特に意味は無いけど)ふっておきます。

 私の玄米の炊き方ですが、長年の習慣でこれが正しいのかは知りませんよ。もっと美味しい炊き方があるなら教えて欲しいです…。

 ・強火で一気に加熱(見てる暇のある時は蒸気が吹くまでオモリをしない)
 ・オモリから蒸気が吹いてから火加減を調節。ゆっくりと蒸気が吹く程度に火力を落とす
 ・そのまま2~30分放置
 ・火を止めて、しばらく置いて(むらして)からいただく
 
 ってな感じですね。

 IHは強火は得意みたいですが、弱火の微妙な火加減ができないですねぇ。鍋をずらしたりして微調整してみようとしましたがうまくいきません。"保温"モードにすると火力が弱すぎますし…。

P2278131.jpg

 で、出来上がりはこんなもんです。…黒米は強烈に色が付くので赤飯と言うより紫飯ですね。

P2278132.jpg

 食してみたところ「まあまあ」で、一応は"合格"のご飯です (^-^)
 上手に炊けたと私が思う時は、玄米の中から白米がポップコーン様にはぜた状態になります。白米の粘りと玄米の香ばしさが共存して、玄米未経験の人でも違和感なく美味しく食べられるそうです。
 

 いつも想うのですが、玄米とコーヒーってのは"気持ちの入れ方"と"時の運"で結構出来に差があるんですよねぇ(腕前が未熟なせいでしょうけど)。
 ま、あまりこだわると疲れるから、その出来具合の「差」を楽しんで味わうことにしてますけど…。
 
スポンサーサイト

テーマ:クッキング - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/184-5d2eb2ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。