FC2ブログ

でたらめ山暮らし/ブログ版

信用できない暖冬予報

 あ、まずはじめに先日の地震話の追記をしておきます。

 今回の北海道旅行には我が家のウサギも連れて行きました。想えば私のところへ来て3年以上なるんですねぇ。     
 地震後に様子を見ると特に変わった風もなく元気そうに見えたけど、しばらくして餌をまったく食べなくなっていることに気づきました。やっぱ地震の揺れが相当ショックだったんじゃないでしょうか。

 なのでキャンプ場で設営後にケージから出してしばらく好きに遊ばせ、「もう大丈夫だからね~(本当に大丈夫なのか私にもわかりませんが)」としばらく撫でてあげたら安心したのか、夜になってやっと食べるようになりました (^-^)
 
 あと、上陸して間もなく車のカーオーディオが故障して音が出なくなってしまってました。
 まあ安い中古品を自分で取り付けたから「配線の接触不良かな?」などと考えてたんだけど、それも地震のあとに何事もなかったように使えるようになって現在にいたっております。


 
 さて本題ですが、北海道の平地でいまだ初雪が見られないというニュースを先日目にしました。なんど28年ぶりの珍事なんだそうです。

 確かに10月入ったら峠がやばい、後半になったら平地でも初雪、ってのが私のイメージとしてありました。アルバイトして帰るのが11月から12月になるのを何度も経験してますから。
 11月を過ぎたら峠は雪で二輪車は無理なので、主に海岸沿いの道を昼間の数時間走るって感じでしたねぇ。寒さはもちろんだけど路面凍結が恐怖でしたよぉ。
 
 そういや今年8月お盆の頃でしたが一時的に寒波が来て、こちらは最北の稚内から道東の計呂地に移動したんですが冬みたいな寒さに震えましたよ。
 地元の人は「明日はみぞれかもの予報が出てる」とか言うし(幸いならなかったけど)、大雪山系は初冠雪のニュースが流れましたね。


 なので「今年は冬の訪れが早いだろうなぁ」なんて考えてたのですが・・・。


 ちなみに山の我が家も今年は秋分を過ぎても結構暑い日があったな。例年なら9月下旬から10月中旬までには薪ストーブを焚きはじめる生活です。
 ところが今年は今でも「ちょっと肌寒いかな」って時に少しだけ小さな石油ファンヒーターを動かす程度、それも毎日じゃありません。
 
 気象庁の長期予報では今年も「暖冬」とのことだそうです。
 しかし私はまったく信用してませんね。少なくとも私の記憶ではその「暖冬」が当たったためしがありませんから。

 そういや昨年も私が越冬した街は暖冬どころか記録的な豪雪と寒さで大変なことになりました。住まいのエアコン暖房はたびたび効かなくなって寒い思いをしたなぁ。

 さらに当時、我が家のある地域は天気予報によれば-10℃を下回る気温を何度も記録してましたよ。おかげで春に戻ったら凍結が原因と思われる水道管の被害がありました(初めてのことです)。
 何度か冬を越した経験から言えば、我が家は-5℃くらいまでは時々なるけど(一度だけ-7℃を見たことがある)-10℃は経験ありませんから驚きましたねぇ。


 というわけで個人的にこの冬は「暖冬のはずがどこかで急に寒くなって、またまた厳しい冬になる」と予想してます(信じないでくださいね)。

 まあ、いつかの年みたいに油断してたら急な大雪に閉ざされて、あわてて逃げ出すことにならぬよう冬仕舞いをしなければ、などと考えてるこの頃でありした (^_^;


スポンサーサイト



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2018/12/01(土) 23:54:34 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1758-a985a2dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)