FC2ブログ

でたらめ山暮らし/ブログ版

夏の暑さと気候の今昔

 しかし、とんでもない暑さが続いてますねぇ… (^_^;

 我が家のボロ軽自動車はエアコンがさっぱり効かないし(ないより100倍ましだが)、カブ号に乗れば熱風が吹き付けてくる。
 屋内でもちょっと動けば大汗かくし、真昼間は恐ろしくて野良仕事できませんよぉ。

 そういや今日は最高気温の記録が更新されたそうですね。
子供の頃に雑誌で読んだ山形県の40.8℃だったかな。戦前からずーっと破られてなかった記録が最近になって更新され続けてるわけです。


 子供の頃で思い出したんだけど、私が小学生くらいまではこれほどまでの猛暑は記憶にありませんよ(一応東京23区)。
学校や家に温度計があったからよく見てたが真夏でも気温は30℃が頭打ちって感じで、ごくたまに31℃とかなると「すっげー!」なんて思ったものでした(野球選手の新記録を見つめる少年の気分)。
 服装は短パンにシャツ1枚、頭には麦わら帽で普通に外で遊びまわれたし暑さも今ほど苦になりませんでしたねぇ。 

 あと当時は暑い日に「夕立」がよくありましたね。午後の空に入道雲がわきあがるとやがて周囲が暗くなり雷鳴と豪雨に見舞われます。
 私も遊びに夢中になってるガキんちょでしたから、雲行きに気づかず逃げ遅れてはずぶぬれになったものでした。まあ30分程度の通り雨なのですぐに晴れ景色に戻り、さっぱりと涼しくなったもんです。
 夕立が無くとも夕方になれば涼しくなって、窓を開けて寝れば熱帯夜にもならなかったな。そのかわり蚊取り線香は必需でしたが。

 なので当時家にエアコンのある友人は皆無に近かったし(みんな貧乏だったし)、店も電車も(あの山手線だって)冷房が無いのが当たり前でしたよ。
 正確に記憶はしてないけど、たぶん倒れるほどの猛暑や熱帯夜で眠れぬ夜を体験しだしたのは中高生の頃からだったかなぁ?

 昼も夜も暑くなった一因にはエアコンの普及や、どこもかしこも地面がアスファルトやコンクリートで固められてしまった事もあるかもしれません。私が通った幼稚園はあたり一面が田んぼだったし、小学校も冬は畑の霜柱を踏んずけながら通ったものです。当時は未舗装の道路も多かったし子供の遊び場になる空き地もあちこちあったんで、土の地面を普通に見られる環境でしたね。
 
 というわけで昭和を知る世代なら知ってること、ネットでもあちこちで書かれてるありふれた話を私もつい書いてしまいました …f(^_^;
 


 いろいろとニュースや情報を見れば地球の気候が変化してきてると理解してますが、個人的に地球温暖化説は信用してません。
確かに夏の暑さは凄いことになってますが、冬もなんですよねぇ。

 私がここ1年8ヶ月過ごした地域は地元年配者が20数年ぶりと言う豪雪に見舞われ通勤不能になる日があったほどです。
そして山の我が家も冬季不在だったけど、ネットの天気データでは前回の冬あたりからー7℃とか過去に1度しか経験してない気温が現れ始め、とうとう今回は-10℃に達する日が何度もあって驚きました。で、それを証明するように屋内の水道管が破裂し水タンクがが空になってましたよぉ…。もちろん山暮らしで初めての経験です。

 なので温暖化とかより、とにかく気候が極端になってしまったなぁ… ってのが実感なんですよねぇ。

 さらに今年は入梅以来、雨がほとんどありません。予報では大雨とか出てたんだけど、カラカラに乾燥した畑の土や野菜の生育を見るに留守中でも実際にまとまった雨が降った形跡がまるで無い。

 そして以前も書きましたが、ここ数年は動植物の生態に明らかな変化が起きてる。具体例としてツユクサ(梅雨時に開花するので)が9月初旬前後に花を見るようになり、八月中旬ごろから鳴き始めるセミのヒグラシ(子供の頃は夏休みの終わりが近いことを告げる悲しい声でした)が7月過ぎから全盛期で盆の頃には聞こえなくなってしまう。
 想えば10年位前から虫や鳥の数がどんどん減ってきて(哺乳類も)、山の我が家は今までとは異質というか妙な静けさを感じています。

  
 世界のニュースとかを見ても地球規模での異変が起きてるみたいで、私ごときに正確なことはわからないが個人的にこれらは宇宙規模の異変だと考えてます。
 まあこれ以上書くときりがないんで今日はこれまで、ってところでした。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1755-50cc2732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)