でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の生活都会の生活

 今回の出稼ぎ先は我が家から比較的近いし、今のところ雪も大したことないから休日にちょくちょく帰ってます。
 ただ少々変則的な勤務で、土日に必ず休めるわけじゃないんで10日くらいおきに2~3泊しに行く感じですね。

 前回帰ったときは寒波が去った後で積雪が心配だったけど問題ありませんでした。
 でもたぶん30㎝くらい積もったんじゃないかな? その後に暖かい風が吹いて一気に消えたんじゃないかと思いましたよ。

 ところで暖房用の割木や廃材はすべて燃やしてしまったので翌日は朝から薪割り。
 残念ながら油圧の薪割り機とか持ってないので斧とチェーンソーの手作業です …(^_^;
 とりあえず3日分くらい割ったらイヤになったんで終わりにしました。普段からやってれば足腰が鍛えられて体力が付きますけどねぇ。



 ちょうど地元の友人も休日だったので泊まりに来て3人でのんびり過ごしました。
 
 寒いし不便な面はあるけど、やっぱ我が家に戻ると落ち着くし安心しますね。
 あ、私よりウサギの方が正直でわかりやすい。帰って来たときの目の輝きが違うしケージから出すと部屋を走り回って全く戻る気配がないですよぉ …(^_^)


 現在の出稼ぎ生活は都会的で快適です。
 電気ガス水道のライフラインは当然だし、風呂はボタン押すだけの自動で10分後くらいで入れる。トイレはウォシュレットだしリモコンのエアコン暖房と至れり尽くせりなのですが、これを当然とか当たり前の常識と考えてしまう感覚は危険だと思ってしまう心配症なんだよなぁ…。

 我が家の場合は不完全で危ういもんだが電気とネット以外のライフラインを自分で何とかしてるから何があってもなんとかできる安心感はあります。
 電気だって引く前は発電機(交流)とバッテリー(直流)の組み合わせでなんとかやってたわけだし…。
 そういや今回の帰宅時に玄関扉の鍵が壊れてしまいましたよ。とりあえず応急処置はしておきましたが。
 で、近所のホームセンターで見たら同じ形式のが2500円であったので春までに交換するか、別の施錠方式を考えようかと思ったところです。

 ちなみにエアコン暖房は空気が乾燥しすぎるので加湿機を使い、喫煙者なので空気清浄機も動かしてます。
 我が家の場合冬は雪で湿度が90%とかになるから薪ストーブで適度除湿するわけだし、無駄に広くて部屋も吹き抜けだからタバコの煙など気にしたこともありませんでした(なにより借家じゃなく自宅ですしね)。


 余談ですが時々人様の言う「安心、安全」って、いったい何なんだろう?って想いますよ。
 個人的には諸行無常の現世にそんなものは無い!ってのが現時点での個人的結論なんですが…。
 とはいえ少なくとも財産や社会的地位ではないと考えてて、「馬鹿」「ロクデナシ」「変わり者」と言われ続けてもこれだけは山暮らし当初から変わらないことではありますね。


 まあ、自分自身「理想や完璧」にはほど遠く自分でも認めるロクデナシ生活ではあるけど、自分の手の内に生活を創ってゆくことが世間的な「安心、安全」に近づく一歩なのかなぁ?って気はしますが、どうなんでしょうねぇ…。

 



スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1751-fa7faf69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。