でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舟の中の生態系


 「ビオトープ」という言葉をご存じでしょうか。
 実は私も数年前に初めて知ったのですが簡単に言えば「生態系が機能する環境空間」ってことかな? ネットで検索すればいくらでも出てきます。

 転じて人工的で小さなビオトープ環境をつくるってのが最近静かなブームとかで、まあ池を作って水棲生物を入れたり植物を植えたりとからしいんですが、私も少々興味はありました。


 で、先日メダカやヌマエビ(地元で獲れたやつ)が我が家に来たので「ミニビオトープ的」な池を作ってみようと思ったわけです。



 水槽は「舟」と呼ばれるモルタルやコンクリートを練るプラ容器です。
 最近滅多に使わなくなったからと野外に置いとけば、カエルが住み着いたり鳥が水浴びしたりしてますねぇ。ついでにボウフラもわきますがメダカがいれば食べてくれるから大丈夫かな?

 ついでにカラス等がいたずらしたりトンボが産卵しないよう防獣網をかけておきます。
 底には赤玉土、畑の土、大小の石を適当に敷いて、買ってきたホテイアオイと水草のマツモを入れ流木みたいな木も家にあったからこれも浮かべてみました。
 見ればメダカも元気に活動してるようだし、今のところ酸素不足にはなってないのかなぁ…?

 でもそれだけじゃ物足りない気がしてセリとミツバも植えてみましたよ。
 ちなみにセリは野菜売り場の水栽培品を植えてみたらどんどん増えて野生化したやつ、ミツバはそこらで普通に自生してる野草(山菜)でした。
 

 こんな感じで何となくそれっぽくなってきたかなぁ?と思ってはいるけど課題はまだまだ多そうです。
 今はメダカ5匹のヌマエビ10匹。現在面白くていろいろと調べてるんですが共生できる他の生き物(淡水の貝とか)も入れてみたい…。

 うん、将来は網をかけないでも生き物たちが共存バランスが取れるようになったらいいなぁ。でもそれにはもっと大きな池にして湧き水も引けるように(地理的に我が家では不可能)等々の夢は広がりますが、まずは現実的な落としどころに持って行かなければですよねぇ。


 というわけで小さなメダカとエビのおかげでまた日々の楽しみが増えました。
 うん、山暮らしならではの小さな楽しみです …(^-^)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1723-fffead07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。