でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根の補修と素人作業

 お天気が続いてるので数日前から屋根の補修をボチボチしています。
 昼間は日光でトタン屋根がとんでもなく熱くなるから、夕方の2、3時間しかやる気にならないわけですね …(^_^;

 きっかけは昨年くらいからかな?棟木から水滴が屋内にポツポツ落ちてくるようになりまして、かといって雨漏りではなくなぜか晴れた日の昼間限定現象であります。
 しかも秋以降は起きなくなるんで状況から、積もった雪が屋根のてっぺんから浸みて断熱材を濡らし、晴れた日に蒸発して結露みたいなことになってるのかな?と推察してました。…ちなみに私の推察が当たる確率は低いです(苦笑)。

 まあ、初期の雨漏りかもしれないと最近は考えてもいるし、ここは家全体の寿命に関わるわけだからこの機に問題解決しようと思いました。

 で、一番安上がりで簡単な方法を検討した結果、ホームセンターで補修用のブチルゴムテープを見つけましたよ。
 
 屋根の補修に使えて塗装も出来るというタイプですが、長さ5mで700円くらいでした。
 もう一つは同じく片面ブチルの全天テープという商品で、屋根補修とは書いてないが似たようなもんだし長さ20mで1000円程度と安かったです。

 ブチルゴムの自己融着テープは昔アマチュア無線のアンテナ工事で使った経験がありました。
 環境や紫外線等の劣化に強く防水も完璧なのは知ってたけど、屋根の補修用途とは目から鱗でしたよ~。

 てなわけで早速使ってみました。メインは安い方の全天テープを使用。状況から見て棟部分から水が来てるのは間違いないのですが、こんな使い方でいいのかなぁ…?
 最近気付いたけど波トタンの合わせ方、何カ所か間違ってますねぇ。
 ついでにトタンを打ち付けた釘の部分も怪しいから、こちらは屋根補修のテープを使いました。
 


 釘を打った場所は確か1、2年前念のためトタン補修用のアルミテープを貼っておいたのですが、



 すでに痛んで剥がれかかってたりするし、テープの塗装も消えてます。
 丸波トタン用の傘釘が雪に引っ張られて抜けてくる現象は経験してたけど、ぴったり貼り付けたアルミテープまで剥がしてしまうとは…。
 うーん、豪雪地帯の家造りは楽じゃないですねぇ …(^_^;

 これでうまくいくのかわかりませんがダメならまた別な方法を考えてみましょう。
 うん、屋根を張って15年くらい雨漏りせずに過ごせただけで上等でしたよぉ~。


 余談ですが手作りの家も「基礎と屋根だけはプロに依頼した方がいい」という文章を何度か目にしましたし、経験的にも確かにその通りの正論だとは思います。

 でもどうせ素人の建てた家なら不具合は後に何とかすればいい話だとも思うし、その辺は自分で考えて決めたらいいんじゃないでしょうか。
 個人的には今になってみれば作業の不手際や技術的無知から多少面倒なことになってたりするけど、当時の自分を笑いながら尻ぬぐいしてる状況かなっと (^-^)


 私が山暮らしで最も思い知らされたことは、自分がいかに無能でナマケモノかってことでした。
 都会生活の中で根拠もなく「自分は特別」などという「うぬぼれ」を打ち砕かれたからこそ「馬鹿で無能で貧乏でもできる」方法を模索してきたんだと思ってますよ。

 だからはじめから完璧なんて求めてないし、まずは行動して様子を見ながらまた考えたら良いって程度の暮らしを楽しんでます。


 そういや小学生の頃、パンクした自転車のタイヤチューブをビニールテープグルグル巻きにして直したことを思い出しましたよ(それで数ヶ月は持ったと記憶してます)。
 正式なパンク修理の知識や道具もない子供だったけど、勝手にオヤジのマイナスドライバーでチューブを取り出して見て考えたことは「この部分の穴から空気が漏れてる」「ここを塞げばパンクが直る」ってことでした。

 本当にお馬鹿な子供時代の話で苦笑するしかないんだけど、もしもどこかの子が同じことをしたら今の私なら褒めてあげようと思いました。

 だって自分の頭で考え行動して一応の結果を出せたんだから、この調子で向上心を持ち続ければ私と違って必ず伸びるはずですからねっ …(^o^)
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1722-cd1b78e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。