でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物から教わった冷夏

 今頃になってこんなことを書くのも何ですが、備忘録として残しておきたかったので…。


 昨年の気候ですが個人的には猛暑だと思ってました。

 我が家は木々に囲まれた山だから真夏でも熱帯夜になることはありません。ところが昨年は暑さで寝苦しい夜がありましたよ。
 まあ、東京の実家みたいにエアコン無しだと明け方まで寝付けないわけじゃなく「夜なのにちょっと暑いなぁ…」程度で普通に寝られたけど珍しいことでした。
 それと人様の仕事に行ったとき、あまりの暑さにメンバー全員が熱中症寸前で倒れそうになったこともあったし、休日の野良仕事も怖くて断念したりといった時期がありましたからねぇ。
 

 ところが我が家の畑を観るに、いつかの猛暑年みたいに雑草までがしおれて枯れるほどのことは全然なかったですね。。
 そして野菜の多くはまあ例年通りに収穫できました。

 でも熱帯性の野菜でサツマイモとサトイモ類が極端にダメでしたよねぇ…。
 同じ熱帯性でもナスやピーマンとかは寒さにも強いから大豊作でしたが、暑さを必要とするらしい野菜は全く酷いもんでした。

 サツマイモは蔓が例年の1割以下しか伸びず畑はスカスカで、イモの数は例年通り出来るがほとんど太らない状況。
 サトイモは葉や茎が小さく、でもイモはそれなりの大きさに育ってはいたが、例年みたいに親イモの回りに沢山付かず子イモが1~3個で翌年の種イモ+程度しか出来ませんでしたよぉ。
 コンニャクイモは収穫してもほとんど大きくなっておらず、途中で枯れてしまう個体もありました。


 そうした結果を見て自分の中で「猛暑だった」イメージの夏をもう一度考え直してみたんです。
 で、思い起こせば7月に入ってもまだ朝は寒くてジャンパーを着てたし(ガソリン節約のため原付のカブ号メインで通勤してました)、
 倒れそうに暑い真夏日もそういや10日か2週間程度で終わったし、あとはバイクに乗るときも上着が必須でしたよねぇ…。

 というわけで植物の言い分を聞くに、やっぱ昨年は明確な冷夏だったと結論するしかありません。
 うーん、人間の記憶やイメージなんていい加減なものだと改めて思った次第ですよぉ~ …(^_^;



 ところで余談ですが比較的多少は自由なネット系情報じゃ地球「温暖化」と「寒冷化」の双方の説を得ることが出来ます。

 ま、子供の頃に科学者を夢見て失望した雑多な知識経験からひとつの説や論に過ぎない。でもマスメディアではすでに常識というか真実になってしまってる「温暖化説」「進化論」「プレート理論」等々、まあ社会生活上では合わせる必要があるんだけど個人的には話半分に受け入れてたりします。

 別に人様に自分の考えを押しつける気もありませんけど(押しつけられるのも苦痛だからね)日々の山暮らしや個人的なイメージ偏見からは「寒冷化」の方を現時点では支持してるのかなぁ…?

 あまり人間界にこだわって閉鎖的になるより空や地面や動植物の話、それは日本語でもなく人間論理の外かもだけど、五感+で受け取れる話は自由気ままに自分の内面が広がって面白いかもしれない?という戯言でしたっ …(^o^)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1719-6a3d3e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。