でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主食自給への道1 …麦の事情と私の都合


 そういや昨年から主食になる作物にいくつか挑戦しています。
まあソバやイモ類も主食になりますが水田を持てない事情から他にもいろいろ作ってみたいと思ったわけですね。

 で、昨年やってみたのはイネ(陸稲)、ムギ、トウモロコシ(スイートコーン以外の)、ヒエでした。
種子は野口種苗さんから購入したF1じゃない品種で、自家採種して毎年植えたい希望があるからです。

 結果を先に書くとイネはバケツで水田状態にしたのをのぞいて全滅。ムギは枯れなかったけど実らずヒエは鳥に食われてわずかな収穫でした。
唯一まともだったのはトウモロコシだけ(八列トウモロコシと黒もちトウモロコシ)でしたが、問題点を考え直して再挑戦という感じですね。


 というわけで他の作物はまた後日に書くとして(といいながら書かないことが多いかも… ^-^;)今回はムギ(麦)の話題です。

 個人的にはイネの次に作ってみたい穀物でして、私はパンや麺類も好きだから別に毎日米を食べなくても平気なんですよぉ。
今回は「南部小麦」という品種を選びました。うどん以外パンにも向く品種という理由です。

 説明を読むと秋まきの品種なのですが無視して昨年の春に種まきしてみました。
ところが秋になっても出穂する気配もなく、そのまま忘れていましたねぇ。
 で、先日同じ畝にサトイモを植えてて気付いたんですが…。



 あらまっ、穂が出てるじゃん!! うーん、1年がかりの収穫ですかぁ?
やっぱ秋まきで初夏に収穫する品種だったんですかねぇ…?
 とはいえ越冬して半分以上の株が絶えてしまったし出穂してるのも数えるほどしかありません。さらに肥料不足が原因なのか実りも少ないですしねぇ(イネは地力でムギは肥料でとるって話をどこかで聞いた気が…)。

 だけど希望がわいてきたというか、どうしたら良さそうか考察する課題材料ができたのはうれしい話ですよ。
 現時点で考えたのは「やはり秋まきにすること」「越冬できる苗に育てること」「施肥や地力アップをしてみること」「麦踏みもしてみなきゃ」等です。もちろん結果を見てまた考察を繰り返すのでしょうが。

 あと思ったのはサトイモの裏作にムギが作れるんじゃないかということです。
 サトイモは6月に植えても間に合うんで(というかそれ以前に植えても時期まで出てこないんだな)、ムギは畝の両側でサトイモを中央に植えるようにすれば共存する時期も大丈夫かも?という発想でした。
 おっと、そうなると福岡正信さんみたいにイネ(我が家では陸稲ですが)とムギの二毛作も可能かな? …などと夢が膨らみますねぇ~ (^-^)


 まあ、思いつきやアイデアがすべて上手くいくほど簡単じゃない、ほとんどが思い通りに行かないのは野良仕事以外にも家造り他の山暮らしで十二分に経験してます。

 でもそれを何とかする課程や試行錯誤が楽しいわけで(あきらめも肝心ですが)楽観とか悲観という感覚じゃなく日常の「楽しみや張り合い」になるわけですよね~ (^o^)




 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1692-b0f085fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。