でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活したカブ号

 この冬にカブ号(スーパーカブ)の整備改造をして愛着がわいているところです。

 今日も通勤に使ったし、ちょっとした買い物程度ならあまり車に乗らなくなりましたね。
今回3万くらい投資したけど燃費を考えたらそのうち元が取れると思いますよ~ (^-^)v



 このカブ号は私には2台目でして、1万円で買った欠品中古車に不動プレスカブの部品を合わせて乗ってました。
 まあスーパーカブのメリットはあちこちで語り尽くされてますが、私なりに書いてみると…。

 燃費の良さはもちろんですが優れた耐久性は特筆ものだと思います。私のは20年近く前の車種ですが素人レベルの基本整備で問題なく乗れてしまいます。しかもほとんど故障知らずなわけですねぇ。
 話では60年近く前に発売された初期モデルも同様だそうで、そういや我が家のペンタックスSPという約50年前のカメラもいまだ問題なく撮影できるわけで(さすがに露出計は動きませんが)当時の日本工業製品のすさまじさを感じてしまいます。 

 近所の爺ちゃん達の話でも10万㎞走ったとか、エンジンオイルが切れても壊れないとか(私も経験済み)そんなことが日常普通に話されてるのが凄いと思いますよぉ…。


 というわけですが、今回は消耗品関係をほとんど交換しました。
 ブレーキやチェーンスプロケット等なんかは命に関わるので国産ブランド品、それ以外はネットの通販やオークションで安いのを買い求めました。


 外観的に一番変わったのはマフラーとレッグカバー、サスペンションのリアショックかな。



 我が家はダートの林道を走るのとハンターカブ風にしたい希望からアップマフラーにしたけど、これがネット通販の新品でなんと2400円!
まあ、カブではなくダックス用だから取り付けや乗り心地に多少の不具合はあるけど、音は純正とほとんど同じで静かだし問題ないかな?って感じですね。

 レッグカバーはとりあえず黒を付けてますが、ハンターカブの純正品(ジャンクですが)も手に入れたのでそのうち使おうかと考えてます。

 リアショックは将来フロント交換(テレスコ+バーハンドル)の希望もあって純正330㎜より長い350㎜を付けてみました。センタースタンドでリアタイヤがほとんど浮かなくなったけど、やっと普通のバイクの乗り心地になって路面のギャップや段差も吸収してくれるようになりました。
 リアショックの交換はカブ乗りの人には本当にオススメですよ~。

 ちなみに塗装はまだ途中でして最終的には赤黒とメッキの組み合わせで仕上げたいと考えてるところです。
 塗装のスプレーはホームセンターの200円前後で売ってる安物ですが、ダメなら塗り替えたらいいと軽い気持ちでやってますね。


 ところでカブ号の良いところは災害にも強いところじゃないかと思っています。
 スピードは確かに遅いけどゆっくり走るならオフロードも普通に通れるから山仕事でも普通に使われてて、車体が軽いから乗り越えられない段差もヨイショと持ち上げて簡単に越えることができます。
 そして排気量の割に荷物も積めるし災害時に車が渋滞してもなんとかなりますよね。

 もちろん燃費は抜群だから少ないガソリンで長距離を走れるし、無茶しても滅多に壊れない耐久性もあるわけです。
 だから防災用品の一つとしてカブ号を装備するのはアリなんじゃないかと個人的に考えるわけです。


 というわけで基本整備は完了して乗るには十分の状態ですが、私のイメージに向けてまだまだ改造途中でありました。
うーん、しかし山暮らしに復帰したらカブ号で遊んでるヒマが取れなくて…。
 まあ、これからも合間を見ながらお金をかけずにボチボチといじっていきたいと想っていますよ~ (^_^)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1690-a9a14ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。