でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の気候と生き物たち

 そういや今年の夏ですが、我が家は冷夏でしたね。

 というのも電気が開通して以来初めて扇風機を使わずに越した夏だったからです。
確かにクソ熱い日も1週間くらいはあって「そろそろ扇風機を出すかぁ」と考えてるうちに猛暑が終わってしまいましたよ(笑)。
 窓を何カ所か開けておけば涼しい風が抜けて熱帯夜にもならずって感じでした。


 そして私の体感だけでなく家庭菜園にも影響が出ましたね。
冷夏なのでやはり熱帯系の植物、サツマイモにサトイモやオクラ等の生育が遅く収量も少なかったです。
一応自分が食べる程度は採れたけど、食い切れなくて実家や友人に押しつけるほどは出来なかったなぁ …(^_^; 

 まあ、他の野菜は例年並みだったので食うに困ることはなかったが、私は個人(経験)的に地球温暖化説を信用してないのでこれからは寒さに強い品種を選ぶようにしようかなぁ。
 ちなみに温暖化理論ははあくまで学説(仮説)のひとつに過ぎず、逆に寒冷化説を唱える学者も多いと聞きます。


 さて、冷夏のせいか知りませんが今年の山は生き物の数が極端に少なかった。
というか年々生き物が年々減ってることは前にも書いたけど今年は特にですよぉ。
そういや今年はカボチャが1個しか実らなかったわけで、受粉してくれる虫が少なかったせいでは?と。
うん、来年は雌花を見つけて人工授粉してみなきゃですっ (^_^;

 で、虫が少ないからそれを食する鳥類や哺乳類も数が減少すると思うわけです。
今年は鳥の声もほとんど聞こえないし動物の気配もあまり感じないホントに静かな我が家周辺でしたよ…。


 ところで最近は「地球が壊れてきてるのかも?」なんて話を友人知人達から時々聞きます。
 でも経験的には年によって猛暑や冷夏に大雪小雪、雨や日照時間の多い少ない等々かなりの変化があるので私はいちいち「異常気象だぁ~っ」などと騒ぐ気はありません。
 地震や火山が活性化したり極端な気候から飢饉や社会的混乱が起きた時代は史実から知ることができるし、昨今は地球の変動期に突入しただけといえるかもです。
 
 ただ個人的には地球どころか宇宙規模での変異が起きてるように感じるのですが、それを書くと長くなるので後日の機会ってことで(トンデモ話ではなく自分の経験から想うことですから念のため)。

3191895.jpg

 というわけですが、別に人の不安を煽ったり悲観的な話をするつもりはないんですよね。
諸行無常の世界に生きているのだから変化は当然のことと受け止めているだけです。
そしてできれば大きな目線から移り変わりを楽しむ気持ちで生活したいと思うのでしたっ (^-^)


スポンサーサイト

コメント

おかえりなさい。とっても、とっても、とっても楽しみにしていました、おかえりを。

  • 2014/12/29(月) 01:19:18 |
  • URL |
  • 文太 #cciLdnBs
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1677-6ce6bb09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。