でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッタが教えたイチゴ栽培法

 今年もイチゴの収穫が始まりました。
 多年草なので毎年タネまきの必要もなく、ランナーを伸ばし勝手に苗を植え付けて増えるから楽ですね。
 


 手入れといえば1度だけ雑草に負けないよう草刈りをしてました。
 しかし垂れ下がった実が地面に付いてしまうことが結構あり、そうなると腐ったりアリの餌になってしまう。
 なので小枝で支えてやったりと少々面倒なこともしてましたよ。


 で、先日書いたように一緒に生えてる雑草がバッタの餌になってるのを観て、今回は草刈りしないで様子を見てました(イチゴの葉もそこそこ食ってましたから)。

 植物って周囲にライバルがいると「負けるもんかぁ~っ」と競って上に延びる性質がありますね。
 もちろんイチゴもそうで、今回はおおむね他の草より頭一つ上で葉を茂らせた感じでしたよ。



 でも時々負けそうな奴もあるからハサミでチョキチョキしてイチゴの葉が日に当たるようにする程度で作業はとても楽です。
 徒長しながら周囲と支え合ってる状態なので、ここで草刈りするとバランスが崩れてへたり込んでしまう。
 さらに実が重くなってきても他の草に乗っかる形になって地面と接することがないわけです。

 あ、あと草だらけにしたら見つけにくくなるかとも思ったが、鮮やかな色をした実は非常に目立つのでわずかな草の隙間からでも発見できましたよ~。


 イチゴは乾燥に弱いとも聞いてるし、結局は雑草と共生させた方が好結果になるのかな?と考えた次第です。
 そして草刈りはランナーが活着しやすいよう収穫後に行うのが正解かと思いました。

 ところで今回イチゴ栽培に新たな展開がみられたけど、考えてみたらバッタの食害?がきっかけになったわけですよねぇ。
 ということはバッタに新しい栽培法のヒントをもらったようなもので、連中を害虫と呼ぶのに気が引けてしまう出来事でもありましたよねぇ …(^o^;


スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1674-c0c8d027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。