でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッタと雑草の関係

 毎年野草や虫たちを見てると周期的な流行があるように思えます。
 今年は久しぶりにスミレの花を沢山見ましたしウツギの花も見事だったな。


 虫は昨年に続いてバッタが多いですねぇ(数年前はコオロギが凄かったな)。



 まだ体長は1㎝前後と小さいが大人とそれほど変わらない姿。夏の終わりに幸せそうな表情(のように私は思えた)で産み付けた母親の卵から子孫が現れたわけですね。

 ところが連中は食欲旺盛で野菜でも雑草でもよく食べるんだなぁ。特にジャガイモが出始めの頃は他の草が少なかったせいもあり結構食われてましたよ。
 観察したところ特にナス科が好きみたいで、それも普通は虫が付かないトウガラシの葉まで食べてたりします。
 あとはアブラナ科とダイズ(同じマメ科でもアズキやピーナッツは食わないな)も好む感じですね。
 ちなみにネギ類には見向きもせず、ウリ科野菜も好まないみたいだな。

 で、雑草が生えそろってきたらカキドオシやハコベにフキとかを好んで食べてるようです(ドクダミや毒草類には手を出さない)。



  もちろんそれらの草は不必要に刈り取らないようにしてますよ~。
 せっかくバッタの好む草をむやみに除草したら、今度は野菜がやられてしまいますからねぇ。
 そうなると殺虫剤の散布とかを考えて余計な手間と心配が増えるから、雑草を残した方が逆に楽なわけです(我が家は無農薬でやってますし)。

 個人的にバッタが紳士的と思う面はあちこち飛び回って「つまみ食い」してくことかな。
 なのでアオムシみたいに株を食い尽くすこともなく植物は枯れるほどのダメージを受けないことでありました。
 もちろんアオムシは飛んだり跳ねたりできないから仕方ないわけですが…。
 
 とはいえバッタは大発生すると畑や草原を丸裸にしてしまう破壊力があるそうなんで油断できない昆虫ではあります。
 ま、数的には昨年と同程度なのでそれほど心配はしてませんけどね…。


 害虫(という単語は嫌いなんですが)や雑草(という言葉もイヤだなぁ)について書きたいことは山ほどあるのですが、今回はとりあえず害虫のバッタと雑草の関係が面白いと思ったので書いてみた次第でした。




スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1671-9ed37a57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。