でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫が教えた野沢菜サラダ

 そういや9月の北海道旅行に行く前、ジャガイモの跡地にダイコンとノザワナをタネ蒔きしときました。
 30㎝おきに4~5粒ずつの「点蒔き」という方法で、これはあらかじめ株間を設定するから無駄がなく間引きも楽なわけです。
 しかしこれが「人間の浅知恵」に過ぎないことを思い知らされましたよ~。

 発芽はしたんだけど数日でほとんどが地上から消えてました。
 たぶんバッタやコオロギたちに食われてしまったんでしょうが、考えてみたら昨年も大発生したコオロギたちにやられまくって結局2~3度タネを蒔き直してたんですよねぇ。
 ま、学習しない馬鹿者は思い知らされ悔い改めるまで何度も同じ目に遭うという典型的な例でありますが…。

 で、学習能力に劣る私は性懲りもなく「点蒔き+ポツポツとばら蒔き」して発芽も確認したが、旅から戻ればそれらもほとんど消えてました。
 それでかなり頭にきてありったけのノザワナ種子を「すじ蒔き+ばら蒔き」して、やっと食われても大丈夫!という状況になった次第です。
 ちなみにダイコンは道の駅で買った「間引き菜」を主に植えることで解決しました。ある程度生長してればもう虫に負けませんからねっ。



 ノザワナの写真を撮らなかったのでこれは「カラシナ」という辛めの菜っ葉(同じアブラナ科でタネはからしやマスタードの原料になるそうです)ですが、すじ蒔きするとこんな調子で発芽してきます。
 実際はカラシナより多量のタネを蒔いたんでさらにメチャクチャ状態でしたが…。



 そしてある程度虫に食われて生き残ってもまだゴチャゴチャしてるから面倒だけど間引き作業です。
 当然間引き菜は私の腹に収まるわけですが、そこで発見したことは「小さいノザワナってクセがなくサラダで食べても美味しいっ」ということでした。
 ちょうどコマツナやラディッシュが大きくなってアクが強くなった時期だったから(秋植えのキャベツもまだ小さいし)貴重な生野菜となりましたねぇ。
 
 というわけで結果的に秋野菜(菜っ葉)の植え方と間引き菜の利用法を「害虫ども」に教わった格好になりましたよぉ …(^_^;
 


 以下は余談ですが、今回の件で我が家の敷地にある「クワの木」を思い出しました。
 以前書いたことと重複しますが毎年初夏になると大量の実を付けまして、私もその場で生食したり果実酒にしたりと利用してます。
 もちろん人間だけじゃなく小鳥や虫たちも沢山食べに来るし、夜行性のタヌキでさえその時期は昼間に食べに来る場面を毎年目撃しますよ~。
 ついでにカラスが来てるときは小鳥たちが遠巻きに眺めて奴が去るのを待ってたりするとか …(^o^)

 寄ってたかって山の生き物たちが来たところで、それでも食い尽くされず大量の実が残され腐ってしまう現実があります。
 そして翌年には地面のあちこちからクワの苗が顔を出してるわけでした。

 うーん、きっとクワの木には「山を子孫で埋め尽くそう」なんて野望はないだろうし、ましてやカネ儲けなどという低次元な発想すらないでしょう。

 私も含め、たぶん生き物たちは毎年美味しい果実を提供してくれるクワが大好きだし、いつまでもこの山に居て欲しいと願ってるんじゃないだろうか。

 弱者をないがしろにして富を独占するより、たかが虫けら相手にも「大盤振る舞い」してくれる存在の方が結局は皆から喜んで支持され生き残れるんじゃないのかなぁ…?

 
 ところでノザワナの間引きをしてるとき久々にアオムシを見ましたよ。
 今年は親のモンシロチョウをほとんど見かけず(異常な年と断定していいと思う)アオムシの被害はありませんでしたが、今回は季節はずれの少数派が活躍してかろうじて生きてたんですかねぇ …(^-^)

 アオムシは菜っ葉を食う迷惑な奴だけど、親のモンシロチョウは菜の花の受粉を助け子孫繁栄に貢献してたりもする事実があったよなぁ。
 …あ、そういう面じゃ人間とあまり変わらないことをしてる連中だと気付いてしまったら駆除する気にもなれず、どう対処向き合って共存するかが人間に求められる知恵なのかも?などと想ったりもしました。
 少なくとも今回は間引きを手加減するだけで、連中と私の食い扶持は確保できるわけですしね。


 というわけで、早くに植えて少数生き残ったダイコンやノザワナはボチボチ収穫時期となりました。


 
 個人的に早い収穫を望んでる理由ですが、実は敷地にカラマツが生えてるってのが原因です。
 カラマツの落ち葉がかかった野菜は洗うのがとにかく面倒だから少しでも楽をしたいわけでありましたよ~。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1658-bdb79696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。