でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭菜園の収穫状況について

 今年も梅雨明け頃から全く野菜を買わなくなり、少しだけ自給自足的な食生活をしてる昨今です。
 盆に外泊してて3日ほど収穫してなかった家庭菜園にて本日の状況はこんな感じ。



 すでにキュウリとトマトは一人で食いきれる状況じゃなくゴーヤもそうだな。…先日は友人に大量お裾分けしたが未だ冷蔵庫に大量在庫がありますよ。
 他にネギ類や菜っ葉類も現在必用十分にありまして、遅くなったエダマメもあと数日で食べられそうです。


 それと本日からトウモロコシ(スイートコーン)の収穫をはじめました。



 ま、例年のことだけど我が家のは市販のみたいに見た目や形も揃わず、虫が入ったり実入りも悪くて商品価値はないけど個人が食する分には無問題だと自分に言い聞かせてますよぉ …(^_^;


 …というわけですが、別に収穫を自慢したいわけじゃない。

 全く何にも知らない都会育ちの素人がここまで到達するのに10年近い年月がかかった次第で、やっとある程度だけど食うに困らない程度のもんが出来るようになったという事実なだけ…。
 確かに今まで農家の手伝いを少々経験したから多少は農業の知識も身に付けてるつもりではいます。
 だけど化学肥料や農薬を使わない野菜作りは直接の師匠もいなかったから、自己流プラス本やネットでチマチマ調べの試行錯誤が少しずつ形になりつつある?って感じですかねぇ…。


 たぶん一昨年から続く雨がほとんど降らない猛暑の対処法はある程度身に付いた気がするけど、3年前の低温長雨に対する対応はまだまだかな。
 とにかく毎年沢山の不具合とそれからの学びがあるから、面白くて奥の深いことでありますよ~。

 確かに近所の激安スーパーでは「1本たった5円!」のキュウリが売られてたりもするから、家庭菜園なんて経済効率からみればバカバカしい話です。
 だけどカネで買えない価値というもんを考えれば意義があるはず…と自分に言い聞かせてる、というかそんな難しい事じゃなく「単純に楽しみながら食える」ってことがとにかく面白いから、経済的には馬鹿でも毎朝畑を見て回るのが楽しくて仕方ないわけですよね。
 

 そういや私は数ヵ月先の冬の過ごし方でさえろくに考えてない愚か者です。
 だけど野菜に関しては「F1種のタネを採って蒔き、あーしてこーして数年後にはどうなってるんだろ?」などと考えては夢が広がってる毎日でして、そんな阿呆でも今のところは一応人間として生きてられる現実もある。
 
 とっくの昔から「こんな地獄みたいな世界から早く去りたいっ」と想い「いつ野垂れ死にしてもいいやっ」と開き直ってるのに、相変わらずボチボチ生きてしまえてるのが「うーん、不思議だよなぁ?」なんて考えてますよ …(^_^;




スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1645-1dc402de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。