でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑とジャガイモの不思議

 しかし今年の梅雨明け後は暑いですねぇ…。
 というか6月中旬に出稼ぎから戻って以来、雨の日をほとんど経験してませんよ。
 
 そういや5月連休の一時帰省中も晴天続きだったし(当時の周囲は雪景色だったが…)、山に戻ってからの梅雨中もほんの時たま豪雨があるくらいで「空梅雨」と言っていい状況でした。
 しかしネットで気象情報を調べたら県内梅雨時期の降雨量は平年並みでして、不在中の初期にまとまった雨が降ったか雨雲が我が家周辺を避けていたのかもしれません。
 天気予報で傘マークがある日で実際あたりが暗くなり周囲から雷鳴が聞こえて「いよいよ降るかっ」という状態になっても降らないんですよねぇ…(近くではたぶん雷雨になってるんでしょうが)。

 

 写真は林道から我が家にいたる道の雑草で「伸びてきたからそろそろ草刈りを」と思ってたら、日照り続きで細くなりとうとう枯れはじめてきましたよぉ~。
 …こりゃ2年前にも経験したことですが今年も干魃みたいな気候になってきましたねぇ。
 ま、家庭菜園の方は草刈りを調整してるから(地面が乾かないよう根元から刈らないか草刈り自体を控える)今んとこ目立った被害もないのですが、様子を見ながら対策を考えなきゃとは見ています。


 で、本題のジャガイモなんですが、どういうわけか知らないが全体的に枯れてくれないんで未だイモ掘りができずにいます…。
 例年なら梅雨明けの猛暑で枯れて収穫期を迎えるし、教科書にも「ジャガイモは気温が30度もしくは29度になると枯れる」と書かれてて実際今まではその通りでした。
 しかし今年は連日30度オーバーの日が続いても(弱りながらも)枯れる様子がない個体が多くて、特にアンデスレッドやインカのめざめ(これは1本だけ生き残った)あたりなんかは今頃呑気に花を咲かせてますよぉ~!

 …インカのめざめは初めて花を見ましたね。





 ところで今年一番衝撃だったのが勝手に生えてきた男爵です。



 これは2週間くらい前の写真です。この畝は今年サトイモと株間にピーナッツを植えた場所で、昨年掘り損ねた(大きければ見逃さないはずなんで、たぶん石ころみたいな小さなイモが残ってたのでしょう)農家の常識的には問答無用で引っこ抜く(連作障害とかあるし何より邪魔な存在だ)場面だが勝手に生えてきたイモが面白いから残しておきました。

 当初はサトイモを圧倒してたけど、どーせまともなイモはできないし暑くなったら枯れて後はサトイモとピーナッツの天下になると踏んでたから面白半分に放置してました。
 しかし梅雨明けの猛暑になっても全く衰える気配もなく大きくなったサトイモと相変わらず張り合ってる…(ちなみに今年ここは全くの無肥料です)。

 見れば葉の色つやも良くしかも害虫を全く問題にしていない。
 我が家でジャガイモの害虫といえば幼苗期はヨトウムシの、以後はニジュウヤホシテントウが最大の敵ですね。
 しかし勝手に生えてきたこいつは春に種イモを植えたやつと違い、遅い時期に出てきてヨトウムシの全盛期を微妙に避けてる。
 そして隣のジャガイモ畝で繁殖してるテントウムシも食いに来るんですが、なぜか少し食っただけですぐに退散してしまいます。




 余談ですが今年はバッタ(イナゴかな?)の繁殖ブームみたいで、とにかくたくさん見かけます。



 よく見ると生き物というよりサイボーグみたいな凄くて美しい体をしてますよね。…うん、仮面ライダーのモデルになっただけのことはあります (^o^;
 で、今回初めてバッタもジャガイモを食ってる「害虫」であると知ったわけで、先っぽの柔らかい葉を食するバッタを観察できました。…連中って凄い口というか顎を持ってることを知ったけど結局は小さな葉っぱを半分も食わないうちに退散してしまいました。
 うーん、そんなことから連中にとってこのジャガイモはよほど不味くて食うに耐えないシロモノなんだろう?と思った次第です。


 というわけで今年のジャガイモは不可思議だけど面白くて、つい一服しながら奇妙なイモ畑をながめてしまいます。
 一応足りない脳ミソから理知的な気分で考えてみれば、今年唯一市販の種芋を購入した「シェリー」や我が家で収穫2代目の「ドロシー」あたりはやはり梅雨明けの猛暑で枯れてきてますね。
 だから我が家で採れたイモを種にして何年も植えてるやつが我が家の環境に適応してきてるような気がして、最大の敵であるテントウムシとも折り合いが付いてきた感じがしてますよ。

 今回勝手に生えてきた男爵に教わったのは「人間があれこれ考え心配するより、イモのことは素直にイモに聞いて任せた方がいいかも?」ってことでした。
 なので次回はダイコンやノザワナ等の秋冬野菜を収穫した年内に種イモを植えてしまおうと考えてます。

 私は別に自然界のすべてを理解して悟りを開こうなんて考えもないんだから面倒なことは環境や相手にお任せして、余った時間は昼寝でもしてた方がいいんだろうと想ったわけでしたっ (^_^)







スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1633-9f4577fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。