でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモたちの近況

 我が家で植えてるイモ類は「ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ヤーコン、コンニャク」といったとこかな。
 しかしジャガイモ以外は冬の保存に失敗し全滅してしまいましたよ~っ。

 ま、今んとこは市販の苗や種イモを買えば問題ないので種イモが手に入らなかったコンニャク以外は今年も植えています。
 ジャガイモについては書くことが多すぎるから後日として、それ以外のイモ類について少々…。


 サトイモは連休中に雪を掘って植えておいたが、山に戻った時は一部が芽を出し始めた程度でしたよ。
 熱帯植物は気温の高い日が続かないと発芽してくれないわけで、オクラなんかも今朝になってやっと双葉が出てきたのを確認した次第。

 連中は発芽して苗になってしまえば腹をくくるのか少々寒くても自分で何とかして生きてくれるんですよね。
 だから我が家みたいに雪が多くて比較的冷涼な山の環境では露地植えせず、暖かい場所で苗を育ててから植え付けるのが早く収穫するコツかも?と思いました。

 ただサトイモは意外と耐寒性がありまして、霜が降りるか雪が降るまで枯れないんですよねぇ。
 なので出てくるのが遅くてもイモが生育する十分な期間があり、冬場の食料として考えるなら全く問題なかったりしてます。



 写真のサトイモは比較的生育の早い個体ですが、今頃やっと芽を出してきた奴もいたりして結構バラツキというか個性がありますねぇ。
 朝見回ると葉の上に水玉があるのがお約束で、これは乾燥に弱い性質だから夜露朝露を集め茎から株元に水を流し込む仕組みになってるそうで感心しますよ。

 余談ですが背後にあるのは昨年掘り損ねて勝手に生えてきたジャガイモで、自然に任せると発芽が遅く未だこの程度だからまともなイモになりません(梅雨明け頃に枯れてしまい生育期間が短い)。
 

 ところで今年のサトイモは無肥料で行くことに決めてます。
 昨年までの経験ですが少しでも堆肥を与えるとイモが大きくなりすぎるのはいいんだが食味や保存性に劣るから、今回は小さめでもいいから美味しくてしっかりしたイモを作りたいと考えたわけですね。

 ちなみにサトイモは高価な種イモなんかを買うより芽の出はじめたやつがスーパーで処分品として投げ売りされてます(一袋百円とかで)。
 それを買ってきて植えるのが格安で確実に発芽する(というかすでに発芽してるよね)から経済的だと思いますよ~。


 一方こちらはサツマイモ。



 探し回ったが時期的に苗が手に入らずあきらめかけてたんですが、偶然買い物に行ったスーパーの片隅に売れ残ったのを発見して今年も植えることができましたっ (^o^)

 昨年は植えた半数近くがヨトウムシに食われ枯れてしまい、今年は対策として(例によって単なる直感思いつきですが)株元に木灰を振りまいてみたところ一株もやられずに済みました。根付いて伸び始めたらもうヨトウムシなんか相手にしない生命力がありますから安心です。

 ま、枯れてしまった場所には枝分かれしたツルを切って植え付ければ歯抜けにならず無問題なんですが、手間がかからなくなった分進歩したのかな?ということで…。

 サツマイモは連作するほど良くなるそうで(地元年寄りの話)、我が家でも開墾して3年目の昨年から驚くほど立派なイモがボチボチできるようになりました。
 まだまだ油断はできないが少しずつ適した土になっているんだろうなぁ…とは考えてるところです。


 そして今年の新人はこちら。



 近所のスーパーで「唐芋」という名称で売られてて「何これ?」と思いながら好奇心で購入し植えてみましたよ。

 …うーん、でもなんか子供の頃に近所の空き地を埋め尽くしてた雑草のブタイモに似てないかぁ? …と気になってネットで調べたらやっぱそうみたいな感じです。
 それが正解なら正式には「キクイモ」というキク科の植物で今年も一株だけ植えたヤーコンの仲間ですね。

 もちろん出来たイモは食えるんだけど、放置すれば空き地を埋め尽くすほどの生命力というか破壊力のある奴なんでどうなることか?

 ま、とりあえず結果をみて食った感想を考慮してから対処法を考えることにしましょう …(^o^;





スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1608-7121be94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。