でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大道具その3 廃棄処分だったトラクター

 これまた現在は処分してしまいましたけど、昔はトラクターも所有してました。

Scan20187.jpg


 知り合いの農機屋さんから買ったもので、価格は5千円でしたよ。…たぶん運搬費と手間賃を考えたら、利益はなかったでしょうねぇ (^o^;
 農家からの下取り品ですが、この手の古い機械は「即スクラップ」というのが定番コースです。今は鉄屑の価格が高騰してますから、このような掘り出し物は手に入らないかもしれませんけどね。

 メインの用途としては当然、家庭菜園の耕耘です。
 一度使うと鍬で耕すのが馬鹿らしくなりますよ。仕事が早くて綺麗ですからねぇ。

 でもこの山では本業よりも、反則的な役割で活躍した機械です。
 メインの仕事は敷地の整地と道造りです。雑草や細かい木なら簡単に掘り起こしてくれますし、その後何度か往復して踏み固めたら簡単に道を造ることができました。除草と整地にはかなり役に立つ機械だと思いました。
 後はタイヤが大きい分雪に強いから、車が動かない積雪でも何とか走ることができたりします。さすがに1m以上積もったら、こいつでもお手上げですけど。
 それと軽量な丸太なら、こいつで引っ張ることもできました。ユニックやユンボを手に入れる前は、そんな調子で結構活躍していましたね。

 トラクターはアタッチメントを付け替えることで、農業用途以外にもいろいろと応用が利く機械です。ユンボと同様に今でもまた欲しいと思ってる道具ですねぇ。



 またまた余談ですが。

 ディーゼルエンジンの良さを知ったのもこれがきっかけでした。
 日本ではディーゼルなんて、環境破壊の代表みたいに言われてイメージ悪いですけど、軽油はもちろん灯油や重油でも、さらには天ぷら油でも動かせるという、ある意味理想的なエンジンなんですよ。ガソリンより燃費も良いですしね。
 欧州では昔から評価されてたそうですが、私も以来ディーゼルエンジンが大好きになりました。
 確かに解決していない諸問題もありますけど、未来のモーターの一つとして大いに期待してたりします。

 

スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/160-79048a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。