でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢と現実の日蝕

 そういや昨日は日蝕(金環蝕)がありましたね。
 関東中部近畿という我が国の人口密集地で見られるというのは非常に珍しいことかと思います。


 ちなみに私は今年日蝕があることを実は小学生(6~7歳)の頃から知っていました。
 別に予言超能力の類いじゃなく、子供の頃「科学大好き少年」でして将来は科学者(できれば天文学者)になろうと考えてたんですよねぇ。
 で、「日本(の主要都市)でも2012年に見られる」という当時読んだ話をずーっと憶えてたわけです。

 とはいえ幼い子供の考えることは単純いい加減なもんで、職業は科学者だけど山に住んで家や食べ物等の必要なモノは自分で作る(当時は自給自足なんて単語を知らなかったし)とかいう不可思議な将来を当時は想い描いてましたよぉ …(^_^;


 余談ですが高校生の頃は受験勉強そっちのけで、ジャンルを問わず興味の向くまま本を読みまくり「科学者と哲学者に芸術家を融合した人間になりたい」などと考えてましたねぇ…。

 おかげで就きたい職業が無くなってしまいまして、接客業に物流業から肉体労働にIT関係まで行き当たりばったりの無節操に経験し、しかもすべてが中途半端で身につかないロクデナシ人生。

 ついでに今の生活や趣味も無節操にあれこれ手を出してやってはいるが、どれも飯のタネにはならない相変わらず「すべてにおいて中途半端」なレベルですよね~。

 ただ、世間様の評価は最低でしょうが個人的には性に合ってるというか、チャランポランでも生活実用上に役立ってしまった知識経験の集大成が今の「でたらめ山暮らし」だということにしておきます。

 何よりこれで十分楽しく実際その程度の人間なんだから「後は野垂れ死にしてもいいやっ」と考えてるわけですね(これも山の生き物たちから学んだことです)。
 

 というわけで日蝕の話に戻りますが、子供の頃から待ち望んでた出来事だったのに結局は見逃してしまいましたよ。

 というのも仕事が今週は夜勤。
 なので時間調整のため前日夜更かしして朝まで起きてる予定だったんだが睡魔に勝てず寝てしまい、目が覚めたらすでに昼でしたよ。 …あーあぁ (^o^;


 うーん、やっぱ現実って思い通りにはいかないもんです。
 小学生の頃は一流大学を出て科学者になり、山で自給自足しながら可愛いお嫁さんと幸せな家族に囲まれてる人生の予定だったんですけどねぇ。

 …まさかいい年をして就職結婚もできず、しかも最下層の非正規労働者としてこの日を迎えることになるとはですよぉ~。


 だけど今の境遇を別に後悔もしていない…というか世の現実や常識を考慮すれば結果的にはこれで正解だったかも?なんて納得してたりするから、自分の中では今回の日蝕が密かな笑い話ネタになってます (^o^)



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1588-71cf783b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【夢と現実の日蝕】

 そういや昨日は日蝕(金環蝕)がありましたね。 関東中部近畿という我が国の人口密集地で見られるというのは非常に珍しいことかと思います。 ちなみに私は今年日蝕があることを実は小学生(6~7歳)の頃から知っていました。 別に予言超能力の類いじゃなく、子供の?...

  • 2012/05/22(火) 21:19:39 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。