でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げる準備を着々と

 今回も出稼ぎネタですが、昨日職場の責任者から契約更新の打診というか要請を受けました。

 もちろん私に延長する意思はないが不快にさせるような返事をしたくないし、とっさに流ちょうな言い訳ができる頭脳もないから即答を避けた次第です。
 で、一晩考えた今日「契約更新の希望」書類を責任者不在の時に提出して、後で理由を聞かれたなら「畑仕事があるので」と答えることにしましたよ。
 これならウソをついたことにならないし手続き上も問題ないと思ったわけですね。

 ま、別に悪いことをしてないんだから堂々と「延長しないで帰りますっ」と言って済む話だけど、最近は山暮らしを始めた頃の無鉄砲さが影を潜め「あまり自己主張をせず臆病で逃げるが勝ち」的な性格に変化してきたかな?なんて気もしてます。
 個人的には山の生き物たちを見てきた影響かと考えてるのですが…。
 
 こんな私でも一応今だけ「社会人」してるから、一時の仕事くらいはできる範囲で真面目にやりたいし「契約」したことくらいは守りたいんですよ…。



 そんなことで出稼ぎ先から逃げる準備はできたのですが、契約が履行できない不測の緊急事態について少々考えてみました。

 それは最近マスコミやネットで不安をあおるように関東東海における巨大地震説情報が流れてることです。
 うーん、私ごときに正しいかどうかはわからないんですが可能性を否定できないことは確かかと思います。


 個人的には大都市生活で食料や日用品の備蓄はあまり意味がないんじゃないか?と思ってまして(そのことについて書いた記事)避難所生活をしないつもりなら身軽な装備で「キャンプや車中泊ができるレベルの土地へ逃げる」方が合理的かなぁ?という考えです。

 なので非常事態の時は普段使ってるデイパックに入る最低限の物資と、途中で商店や動いてる交通機関があれば利用できる程度の現金を持ち、基本徒歩での逃亡を想定してます。
 
 実家との連絡ですが、巨大災害時はケータイはなかなかつながらず難しくなりそうです。 
 さらに都内は大規模な交通規制が行われ出入りそのものが困難になるらしいですね。
 その場合親には申し訳ないが避難所でしばらく我慢してもらい、状況を見て迎えに行くことになるでしょう(お互いに生きていたら…の仮定だが)。

 ま、4号機の倒壊とかなら(どこに逃げても無駄という説もあるけど)きっと「ただちに影響がナントカ…」でライフラインや交通機関は大丈夫そうですが…。


 というわけで逃げる話ばかりを書いてみましたが、想定してるのは職場と実家に関してだけです。

 前にも書いたが今の山暮らしも遠からずの距離に不穏な活火山と原発があります。
 大噴火やフクシマのような事故が起きればただじゃ済まないだろうけど、私自身「何がなんでも生き残る価値がない人間」だと想っているからそれ以上逃げるつもりは現時点でありません。

 先のことはわからないし断言もできないが「最期は山の環境に囲まれ、山の生き物たちと野垂れ死にできれば幸せ」と開き直ってるので、あまり不安や心配を感じることがないのかもしれませんねっ (^o^)



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1584-533982ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。