でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の近況と陸稲の話

 昨日今日は休日で遠出もせず寮でのんびり過ごしました。

 そういや朝に近所に住む方(といっても3㎞くらい離れてますが)から電話があり、山の近況を教えてもらいました。
 話じゃ今年は昨年以上に寒く梅の花がやっと咲き始めたところで、先日は雪が舞ったそうですよ。
 積雪もまだ1mあって「ここ40年で一番の豪雪だった」とこぼしてました …(^_^;

 我が家はその方の住まいより積もるんで、たぶんまだ1.5m前後ってとこかな?
 そして車で通行できるほど溶けるのは5月下旬になりそうな(昨年も除雪しなけりゃ5月中旬まで通れなかったはず)感じってのが経験的予測であります。 

 うーん、この調子じゃ5月連休は車を使えず(雪で潰れてなければだが)徒歩で生活する覚悟ですよ~。



 ところで昨日から読み始めてまだ読破してないのですが、



 内容としては「化学肥料や農薬を使わず機械(と石油)に頼らず、ほとんどお金と手間をかけずにに食い扶持を自給する」ってとこでしょうか。
 100ページほどの本だけど最初の40ページくらいは「養鶏」についての話で、市販の飼料や薬物を使用しない昔ながらの飼い方や自然卵の販売法等が書かれています。

 畑の肥料はほぼ自家製の鶏糞のみで、できるだけ不耕起の自家採種をするようにしてるみたいです。
 「○○農法!」と銘打った自己主張の強さは感じられず、どちらかといえば昔からの農法を省力化するアイデアが面白くてためになりますねぇ。

 ほかにも山野草や調理法に田舎暮らしの始め方等々についてもふれてますが、ページ数の関係からか書き切れてない感じです。
 とはいえ私自身も参考になる記事が多かったし、買っておいて損がないお薦め本かと思いますよ。


 特に私が読んでみようと思ったきっかけは「陸稲」について書かれてることでした。
 陸稲は「りくとう、おかぼ」と読む畑で作れるイネのことで、水稲(すいとう=普通のイネ)みたいな水田が不要なわけです。
 ちなみに私が持ってる知識としては(間違ってる部分があるかもですが)、

 ・陸稲は水田でも作れるが水稲は畑で作れない
 ・水稲に比べ収量と食味に劣る
 ・連作障害の出る可能性がある

 等ですがこの本によると、

 ・水田と違い傾斜地でも作付けできる
 ・耕耘代掻き不要の不耕起で作れるから機械(トラクター)が不要
 ・マルチをすることで除草の手間を大幅に省力化できる(除草剤不要)
 ・2畝(アール)で1俵(60㎏)くらいの収穫が見込める

 ということで地形的に水が引けない我が家にとっては魅力的ですねぇ。
 2畝といえば今の畑がそれくらいの面積で、今の私は年間30㎏のコメしか消費してないから1畝あれば主食を自給できる計算になりますよ~。

 問題は種子をどこから入手するかなんですが…(すでに野口種苗では販売終了となってました)。
 ま、今年は作付けする余裕がないし1年分以上の玄米はすでに蓄えてあるから来年の課題かなぁ?


 本には「主食(イネとムギの輪作)に2畝、野菜類に3畝あれば一人分の自給ができるが、上手に輪作すればそれ以下でも可能」と書かれています。

 で、つたない我が家の家庭菜園でも天候に恵まれれば現状の2畝で食い切れないほど野菜が採れるから、あと1畝(合計3畝)開墾しとけば「死なない程度の食い扶持は何とか自給できるんかなぁ?」などと考えてるところでした。


 
 
スポンサーサイト

コメント

陸稲の味

陸稲って美味しいんでしょうか?おそらく食べた事も見た事もないと思います。もし作られたら食べた感想をお願いします。
自給自足の行きつく先はやっぱし米・麦・大豆ですね。
私にはできませんが。(畑が市民農園の規模)
今年か来年大豆と麦を作ろうと思ってますが、麦はどうやって粉にするんでしょうね。今は精米所は米だけですから。
大昔麦を粉にしてくれる精米所がありました。

  • 2012/04/10(火) 20:52:47 |
  • URL |
  • なち #-
  • [ 編集 ]

Re: 陸稲の味

私も食べたことありませんが経験者の話によると「おいしくない」そうです (^_^;
それでも空腹ならおいしくいただけるだろうし、畑で米が作れることが魅力ですよね。
大豆(枝豆)は比較的手間いらずの無肥料でも作れるからおすすめですよ。

粉に挽くには市販の機械があるけど調べたら安くても数万円しました。
私は数千円で買ったオモチャ?の石臼を持ってまして、手間と時間はかかるけど蕎麦や米は挽くことができました。

パン好きなので自家製麦でいつかパンを焼いてみたいと思っています。

  • 2012/04/14(土) 21:35:10 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1583-082d6b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。