でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンボロギターの驚き

 暇なときは楽器を弾きたくなるのですが、現在実家にあるのは10年以上弾かずに放ってあるクラシックギターだけ。
 というわけで本当に久しぶりに取り出し弾いてみましたが、なかなかいい感じですよ~ (^_^)

 ヤマハ製で型番から察するに当時は定価1万円台の最安クラスと思われる。
 しかしそこは世界一流の楽器ブランドだけあって?作りは決して悪くないと感じられます。

 確かにボディは合板だしコストダウンした部品部材を使ってはいるけど、ユーザーを馬鹿にしたような手抜きはしてない。
 特にネックにはちゃんとマホガニーにローズ指版を使ってるようにしか見えないし、わずかに順ゾリしてるだけで(私レベルなら)特に問題ない。
 ネックにロッドが無いから素人じゃ修正できないが、サドルの高さ調整だけで十分かと思いました。

 ちなみに「クラシックギター奏法」はできないが、ガット(スチール+ナイロン弦だが)の音は好きなんで昔は時々アコギと持ち替えて使ってましたよ。
 ところで私は比較的手が大きい方だからネックの太さや指版の広さは苦にならない、というかアコギやエレキのネックが細すぎると感じてて「もう少しワイドなやつは無いのか?」と思ってるくらいです。


 余談ですが多趣味な私は山暮らしを始める前から楽器の制作や改造とかもやってます。
 とはいえアコースティック楽器を手がける技術はなく、材料を買ってきて少々の加工や塗装をしてエレキギターやベースを組み立てる程度の素人遊びですけど…。

 現在一生使い弾き倒すつもりでウォルナット(クルミ材)のジャズベースを作る予定でして、加工済み未塗装のボディ(ネットで入手)、ウォルナットにローズウッド(紫檀)指版を貼ったネック(E●Pの工房から訳あり品を安く買えた)、それにPU等の主要パーツは手に入れてあるんだけどいつになったら取りかかるのか? …何年も在庫したまま未だ放置してあります (^_^;

 …そういや歌うための伴奏アイテムとして中学生の時にギターを始めたんだけど、そのうち歌や演奏技術より楽器やシステム、それと録音の方に興味を持つようになりました。
 で、楽器の改造にアンプやエフェクターの制作とか、MTRや周辺機材を集めては怪しげなことをしてましたねぇ(給料が右から左へ消えてった…)。
 もちろん下手ながら作詞作曲もしてましたよ。

 結局は性分というのか「一つのことにこだわって極めよう」とする概念は備わってないようで、「下手でも中途半端でもいいから想ったものを創ってみたいっ」方向に行ってしまう傾向があるようです…。

 なので多趣味とはいえ、いずれも「それで飯が食える」レベルには全く達しなかったわけですね。
 だけど独りの山暮らしにおいては「あれこれ手を出してはいい加減なレベルでOKとする」性格は逆に良かったかも?なんて好意的解釈をしてますよ~ (^o^)
 

 で、話は戻りますが何というかカメラの時も想ったんだけど、こんな最安廉価モデルのギターでも見た目は決して安っぽくないしちゃんとガットの音が出てる(もちろん私みたいな素人レベルでの話だが)。
 しかも譲ってくれた前の持ち主の話から計算するに、製造(購入)されて30年以上もたってる骨董品?のメイドインジャパンでありますから、その耐久性には目を見張るものがありますねぇ…。

 もちろん安物だけじゃなく真面目に作り込まれた日本製の楽器は、今じゃ一流品として世界中のミュージシャンに使用されてるわけです。
 ここまで優秀な「工業製品」を世界中へ大量安価に輸出されてしまえば、欧米の一流ブランドたちが傾いてしまったのがわかる気がしますよぉ…。


 というわけで久々のクラシックギターがとても新鮮で、PUを仕込んでエレアコに改造してみたいなぁ…なんて考えたりもしてるところです。




スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1574-9e5c4c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。