でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「えひめAI」を試してみた

 友人の家に泊まりに行ってて昨日帰宅したところ、我が家はとんでもない寒さになってましたよ~。
 まだ明るいのに外気温は4℃の屋内も10℃以下になってて、もう本格的な暖房が必要な時期になったと思いました。そして今朝は霜が降りてましたねぇ…。
 ま、今年の秋は全体的に暖かでやっと平年並みになったというところではありますが…。


 ところでキッチンの生ゴミやトイレの悪臭対策について先日書いたけど、読者の方から「えひめAI」なるものを教えていただいたので早速試してみましたよ。
 参考にしたのはこちらのサイトで、材料としては

 ・砂糖
 ・納豆
 ・イースト
 ・ヨーグルト
 
 それに水だけです。

 砂糖は備蓄してあって納豆は最近またよく食べるようになったから冷蔵庫にいつもあるし、それにパンを作るからイーストも常備してあります。
 あとは最近食べなくなった(今年は全く食してない気がした)ヨーグルトを仕入れてくればOKですね。
 …ところが出かけた時に買い忘れてしまい、仕方ないから糠床に溜まった水で替わりとしてみました。
 ヨーグルトも糠床も「乳酸菌」が主に活躍してるそうだから代替として使えるんじゃないかと考えてみたわけです。

 それらをペットボトルで混ぜ合わせ、35℃の温度で発酵させるとのことだが、その環境作りが難しいんだよなぁ…。
 結局マニュアルどおりに貫徹しようと難しく考えるのも面倒だから、とりあえず我が家で一番暖かい薪ストーブの横に置いときましたよ。

 で、イースト菌と砂糖のせいか知らないが、こんなでたらめな環境でもよく発酵してブクブク泡を出し続けてたな。
 時々ボトルの蓋を閉めて発酵の具合を確認してたんですが、十日くらいで発酵が完了したらしくペットボトルがふくれたりとかの反応がしなくなりましたよ。


 ちなみに今まではEM菌をトイレや生ゴミ対策に使用してましてEMボカシはトイレとキッチンまわり、液体のEM1は希釈してトイレの水洗や畑に散布したりしてました。
 


 写真の左は「EMボカシ」で主にトイレや生ゴミ処理に使用。右は液体の「EM1」で、希釈してトイレの水洗用や畑に撒いたりの使い方でした。
 そして今回「えひめAI(もどき?)」を作って使用してみた結果です。

 トイレや生ゴミ処理は前からEMを使ってるんで、特にはっきり違いがわかるような効果は見られなかったが風呂場に関しては顕著でしたねぇ。

 私はそれほど風呂が好きじゃないんで暖かい季節は湯船につからないんだけど、さすがに寒くなってきたこの時期は1~2日おきに風呂を沸かして入ってます。
 でも独り暮らしだから1週間くらいは風呂水を入れ替えず、沸かしなおしては使用してるわけです(最後に残り湯を洗濯に使って処分します)。

 …でもさすがに3回目くらいだと湯が濁ってヌルヌルして、ちょっと気持ち悪い状態になってるのが日常でした。
 しかし湯上がりに毎回「えひめAI」を入れておくと確かに濁ってはいるが湯はサラサラした感じで気にならず、しかも抜いたあとに湯垢(人間の垢かな)が全くといっていいほど残ってなくて掃除がとても楽だったのが驚きでした。 

 うーん、こりゃ確かに効果を認めないわけにはいかない出来事ですよねぇ…。
 

 写真ですがペットボトルのスプレーは発酵済みで、すでに結構使っているやつです。
 コーラのボトルはとりあえず(温度管理以外は)マニュアルどおり作ってみて、緑茶のボトルはマニュアル+発芽玄米の水と糠床に溜まった水を加えてみたりしたモノです。
 


 ちなみに私はアルコールの入ってないペットボトル(と缶)を今は基本買わないんですが、来客がいろいろ持ち込んでくれるおかげで容器に困ることはありませんね。

 それから後ろにある4リットルの焼酎ボトルは本日仕込んだもので、基本の4材料に加え「糠床に溜まった水、EMボカシ、虫が湧いて食えなくなった小麦粉、青カビが生えてきた麹」なんかと「前回発酵させた時に底へ溜まった沈殿物」も入れてみまして、なんか不要食材の処分場になってる気もしてますけど…。
 ま、例によっていい加減で結果どうなるのかわかりませんが、失敗したら畑に撒いて処分するだけのことですよ~っ (^o^;

 いずれにせよマニュアル通りにはあまりやってなくて、でも複合的に発酵する菌類は多い方がいいんじゃないか?と素人考えで試してるところ。
 とりあえず「納豆、イースト、ヨーグルト」といった身近なモノで効果のある「微生物群」を作れるのは良いことだと思いました。


 そういや先日イモ掘りをしてる時、撒いた木材チップにびっちりと土着のカビ菌が繁殖してるのを目撃しました…。
 私ごときに真偽などわかりませんが微生物は「放射能」さえも分解無害にする能力がある…という話もネットで読んだことがあるし、身近にある乳酸菌や納豆菌が悪臭対策や河川の浄化に役立ってるという話もあるみたいです。

 とにかく私ができる範囲で有用可能な微生物たちを培養して、生活に良い結果を模索することは面白いかも?って考えてるこの頃です。


 ところで微生物なんて近代に顕微鏡とかができるまでは目に見ることもできない存在だったはずです。
 でもその「確かにあろうと思われるが目に見えない存在を信じて、その働きを観察知ることができた人たち」が今の発酵技術(日本なら酒や味噌醤油とかの醸造)を確立したんじゃないでしょうか?

 だから私は目に見えるモノ以外信じないという、唯物主義の姿勢には同調できません。

 実体としてとらえ人様に証明できることは全くできないんですが、今の山暮らしをしてると「現実には見えないが明らかに存在してて自分に関係しているものたち」が何となく感じられるんですよねぇ。

 それはオカルトや宗教にトンデモ系とかの「知識や観念」とは違う、日常生活の中で普通に感じる自然なものだけど馬鹿な私には上手に説明することができないのでありました …(^_^;
 



スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

コメント

はじめまして

むてっぽー様
いつもブログ拝見させてもらっています、ちゃとらと申します。

細菌や微生物に関して描いてある「もやしもん」というマンガがありますよ。
(ご存知でしたら申し訳ないですが)
お酒のできる過程で菌がどのように働いてるかが描いてあり面白いです。

よかったら読んでみてください。

  • 2012/01/23(月) 22:41:03 |
  • URL |
  • ちゃとら #-
  • [ 編集 ]

Re: はじめまして

ちゃとら様

「もやしもん」について少々調べてみましたが面白そうで、近いうちに読んでみようと思います。
コメントと情報ありがとうございました。

  • 2012/01/25(水) 21:30:15 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

どういたしまして。
自分もむてっぽーさんのブログから色々情報を教えて頂いています。

これからも応援します。

  • 2012/01/28(土) 20:23:12 |
  • URL |
  • ちゃとら #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ありがとうございます。

ところで「もやしもん」の1~2巻を読んでみたけど、面白くてためになるマンガですね。
早速ハマってしまい続きを読むのが楽しみになってます(笑)。

  • 2012/01/29(日) 22:14:44 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

自分もむてっぽーさん同様ハマった口です(笑)

このマンガがきっかけで菌や微生物の魅力に取りつかれ、自分でヨーグルトや納豆を作っています。
記事が発酵モノなのでついコメントしてしまいました(^^)

  • 2012/01/30(月) 22:53:02 |
  • URL |
  • ちゃとら #-
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

ヨーグルトや納豆を自作されてるとは素晴らしいですね。
特に納豆は温度管理が大変とか聞きますが、納豆用の大豆を頂いてあるから今年植えて挑戦してみようかなぁ。
昔は堆肥の発酵熱で作ったものだと年寄りから教わりましたが…。

これからも面白い情報があったら教えてくださいね。

  • 2012/02/03(金) 21:39:26 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

楽しんで作ってます。
はい、こちらこそよろしくお願いします。

  • 2012/02/07(火) 23:28:49 |
  • URL |
  • ちゃとら #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1539-10927d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。