でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋の生活風景なんかを

 12ヶ月を4つに分割してみるとするなら、9月が初秋でこの11月は晩秋となるのかもしれません。
 そういやどーでもいいことであるが、今日は2011年11月1日と1の数字が5つも並ぶ日なんですねぇ。


 今の時点で思いつくまま書いてみますと、朝の気温は完全に10℃を切るようになり起きると寒さを感じるようになってきました。
 近ごろは薪ストーブを毎日焚いてて(2階ではファンヒーター)まだ弱火トロトロで大丈夫な状況ですが、そろそろ私も「冬毛」に生え替わる時期かと想いましたよ…。

 先日まで盛んだった秋の虫の声が屋内では聞こえなくなり外に出てやっとポツポツという程度かな。
 昼間に野良仕事してる時はまだ多少は鳴いてますが、連中もそろそろ子孫を残して土に還る時期が来たのでしょう。

 近ごろはお腹が大きくてヨタヨタ歩くカマキリを見なくなったかわりに、体長が10㎝前後の小さなカナヘビ(トカゲ)をよく見るようになりました
 一昨日は隙間にもぐり込んでじっとしてるアオダイショウの子供も発見したし、爬虫類の子供達もとりあえず越冬準備の生き残りを考えてるのかもしれません。


 今までは一部だった山の木々も全体的に紅葉や落葉をはじめています。
 カラマツの落ち葉が舞うようになると面倒なことになるんで、それまでにしておくことも確かあったよな…?

 今年の秋冬野菜は結局ダイコンとノザワナしか植えず、それらも例年で最も遅い種まきでした(あとタマネギも)。
 当初は「今年こそは遅くとも9月初旬までに種まきする!」って考えてたが、中旬に旅から戻ってしばらくは再び無気力症になってしまい、半月くらい無駄にしてしまいましたよぉ (^_^;
 とりあえず雪が降るまでには、まぁなんとか収穫できるんじゃないかと考えてますけど…。
 

 そういやカメムシ対策ですが一応それなりの効果があったように思います。
 たぶん風呂場周辺と2階の妻壁あたりが主な侵入経路だったみたいで、それらの隙間を徹底的に塞ぎ他にも見つけ次第対策をしてみました。
 そして侵入済みの連中は見つけ次第排除するようにしてたら、外で見かけるもの凄い数の割に今んとこ屋内は例年並みの発生ですかね(今後どうなるかわかりませんけど)。

 ま、今年の大発生でもなければ我が家の不備を探し出す機会もなかったろうし、そう考えれば逆に良い出来事だったのかもしれません。
 いずれにせよまだまだ隠れてる奴らは大量にいるだろうから、春に暖かくなって野外に出たがるカメムシがどれほど出てくるかで最終的な対策結果がわかるわけですが。


 そういや例年のことだが薪ストーブを焚くようになったおかげで、最近は煮込み料理をするとか処分品なんかを冷凍保存してた魚類を干物にしてみたりする日常です。
 季節的にもスーパーに生筋子や生タラコ等々(半額になったら買う!)が出回る頃だから、少々の手間で格安のイクラやタラコが食べられるわけでお金をかけずとも御飯のおかずに困らない時期ですよね~。


 というわけですが例年なら初雪まであと約1ヶ月。
 それまでにどれだけ「やっておきたい作業」を終わらせられるのかわかりませんが、独りで出来ることには限界があるわけだし焦らず心配せずに片付けてゆくしかありません。

 どーせ雪が降ってしまったら素直にあきらめてしまう私が毎年いるわけですから、無理せずボチボチとやってゆくしかない現実でもあります…。



スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1522-a99af55b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。