でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の中で独り歌う理由

 そういや最近ブログの更新を前ほどしなくなりましたね。

 書けること自体は豊富にあるんですけど(例えば今回の旅ネタならあと5~6本はある)だんだん億劫な気分になってきてます。
 相変わらず作文が下手なんで、ある程度長い文章を書くと1~2時間は簡単に潰れてしまうから時間がもったいないんですよ。

 それに有名になったりアクセス数を増やしたいとかいう希望は当初から全く無く(というか面倒な人が沸いて出るからこれ以上増えて欲しくない)、昨年末あたりから何かのきっかけがあればやめてもいいかなぁ?などと考えてたりもしてます…。


 ま、そんな個人的なことはいいのですが、近ごろブログやネットがおろそかになってる理由の一つに「再び音楽に凝りだした」ってのがありますよ。

 今も車ではCDをかけてるけど、旅から戻って以来(それ以前からだが)家で全く聴いてません。それどころか世間が地デジに移行して元々ほとんど観てないテレビを捨ててしまったし、すでにラジオすら聴いてない生活でしたが…。
 とはいえPCを起動した時はYouTubeとかで昔好きだった曲を聞く機会が逆に増えましたけどねぇ。


 前にも書いたことだが、今の私は自然の音に囲まれてるのが一番心地いいです。
 春から夏は主に鳥たちの歌声、今は秋の虫たちの合唱でしょうか。

 そして風そのものには音が無いはずだが、自然の草木や私が作った建物や持ち込んだモノに触れ合って複雑多種な音色を聞かせてくれる。
 雨だって草木や地面の音以外に、我が家の屋根とかに当たった人工の音が混ざり合い「人間がここで生活してること」を聴覚で総合的に実感させてくれるわけです…。
 さらに「無音」に包まれること(特に雪に閉ざされた真冬)はもの凄い快感ですよ~。
 …最近はそんなことが自分の中で自然というか満足してる日々なんですよねぇ。


 で、受け身になってるだけじゃ物足りない気持ちが近ごろ沸きあがりまして、しかし私が思いつくことといえば記憶にある歌を唄ったり、経験のあるギターやベースを弾いてみることくらいなんですよ。

 とりあえず出来ることをということで弾きはじめたんですが、なんか単純なストロークでも意外というか非常に奥が深くて表現力を研究する余地が多分にある …というか自分が今まで「いかに何も考えずいい加減な姿勢で楽器を弾いていたか」ということを思い知らされてしまいましたよぉ。
 でもそれに気付いたら逆にもの凄く面白くなって、寝る前に飲みながらの時間しかありませんが楽器に触れることが楽しみになってるこの頃です。

 しかし長年サボってた報いで指は動かないし声も出なくて、自分の中では往年の記憶があるから余計くやしくて「失った時間を取り戻したい」気持ちと楽しみながら格闘してるところです…(ま、下手くそなシロウトの戯言ですが)。
 

 余談ですが我が家にあるギターの本数をさっき数えたところ、なんと10本もありましたよ~(さらにベースは5本…)。
 ギターはエレキ、エレアコ、アコギも含めてですが実際に弾く機会があるのは半分だけで、もうそろそろ不要品を整理しなければって想いました。
 …こんな山の中で死蔵されてるより、使ってくれる人に譲った方が世のためになるでしょうしね。


 というわけで、来年は山の鳥たちと歌ってみたいなぁ…などと考えながら歌や楽器の練習を再開してるところでした。

 「人間の歌なんか鳥が聞くわけがない」という意見もあるでしょうが、私が小学生の頃に好きな流行歌を歌ってたところ(当時は実家で沢山の小鳥を飼っていた)連中は目を閉じて真面目に聴いてくれましたよ~。

 歌好きな者同士なら異質なもんにも耳を傾ける姿勢があるんじゃないかと馬鹿なことを今でも信じてます。
 …そんな記憶があるから、鳥と一緒に私も人間なりの歌を表現したいと考えてるわけでした。


 そういや今日は、久々にクロツグミが一瞬だけ歌ってくれました。
 旅から戻った日以来ですねぇ…。

 ま、現実に無理かもしれないが、いつか大好きなクロツグミと一緒に歌える日が来たら楽しいよなぁ… などと想いながら練習してる夜でありましたよ (^_^)



スポンサーサイト

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1512-2dad6a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。