でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山暮らしに向いてる人?

 山暮らしをしてると「気楽でいいねぇ」とよく言われますが、そんなことありませんよ。
 実家はもちろん、寮生活や借家住まいの経験もありますが、都市生活の方が圧倒的に気楽だと思ってます。


 なぜなら山暮らし中は、常に生活環境というものを意識していますから。


 ライフラインに関しては、公共の水道や都市ガスが来てませんし、電気や電話(ネット)も断線、不通になることがありますから(5月の日記に何度か書いてます)全く安心できない状況です。

 例えば水ですが、飲み水と生活用水(別々に汲み上げてます)は水槽を開けて確かめなくても、使用量の見当がつきます。また季節で変わる水量や給排水設備の状態について、いつも気にかけています。
 あとはプロパンガスや灯油、薪の残量にトイレの便槽も頭に入ってます。使いながら残量などを常に意識イメージしておく習慣がついてるんですね。
 もちろん家の状態(痛み具合など)もです。


 あと、季節や天候というものを常に観じることは、私のような"ナマケモノ"が山で楽に生きるため必要なことです。
 そして「今、やるべき仕事」「今なら効率よくできる仕事」を常に考えてます。ま、"ナマケモノ"だから実際にやるかどうかは別ですけどね。 …(^-^;


 実家に居ると時々風邪を引きます。あと寝ることが好きだから、放っておくと夕方まで起きなかったりします。
 だけど山ではめったに風邪引かないし(引いても軽いしすぐ治る)「今日は寝てる」と決めなければ、寝不足でも午前中に起きてしまいます。
 
 たぶん生活する「緊張感」の違いなんでしょう。

 それを楽しいとか充実感だとか思える人は、私のような山暮らしに向いていると思いますが、きっと少数派でしょうね。
 
スポンサーサイト

テーマ:自然の中で - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/151-4cb7562d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。