でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物たちの晩秋

 世間様の3連休は野良仕事したり久々の大工仕事なんかもやってのんびりと独りで過ごしました。


 そういや先日書いた「謎の木」ですが、昨日ふと見上げたら新しい葉がポツポツ出てきてますよ~っ!



 理由はわかりませんが、もしかしたら時期が来たと間違えて葉を落としてしまったのかなぁ?
 で、勘違いに気付いて「あ、いけねっ」という感じで、控えめながらもう一度葉を出してみた…なんて想像してしまいまして、もしそうだったのなら結構カワイイ奴ですよね (^o^)
 いずれにせよ私が記憶する限りでは初めての出来事でしたが…。


 こないだ急に冷え込んで気温が10℃を切りストーブを焚き始めたわけですが、最近はまた温かくなって穏やかな毎日です。
 


 相変わらずアサガオは毎日咲いてるし、毎年勝手に生えて咲いてるノギクもいまだ健在ですね。



 年によって暑さ寒さが変動するのは当然のことだが、適した環境が続くなら「チャンスだから思い切り謳歌してやろう」と考える植物なのかもしれません。
 ま、こんな年は一気に寒くなるってのが今までのパターンですけど…。


 ところで今頃はイチジクが数は少ないがボチボチ収穫できてます。
 濃厚だがくどくない甘さと噛んだ時のプチプチ感が楽しいし、カルシウム豊富な果実だそうですよ。
 時期を逃すと実が割れて開き鳥や動物たちに食われてしまいますが(それが本当は一番の食べ頃かもしれない)、人間と動物のどちらがものにするか?というタイミングが面白いです。



 毎年雪で枝を折られ今年は豪雪で食い詰めた?ウサギに上半分の樹皮をかじられ散々でしたが、イチジクはカキと違い木の大きさなりに毎年地道に実を付けてますね。
 まぁウサギの立場としてはその分株元に大量の糞(肥料)をばら撒いたんだから一応「お礼はしたっ」ということなんでしょうかねぇ。

 しかし今年不思議に思ったのは春先に葉を出していきなり実を付け始めたことです。
 危機感を感じてとにかく先に花を咲かせよう(イチジクは実の中に花が咲く)と考えたんでしょうか?
 結局その果実は熟さず秋は大丈夫だろうかと心配してたんだけど、ちゃんと旬には実ってくれましたよ~。


 一方おととし20個ほど実を付けたカキの木は昨年今年は全く実りませんね。…私の冬囲いがいい加減で、せっかく伸ばした枝を毎年雪で折られてる状況だから仕方ないんですが。
 で、今年からは横に出さずひたすら上に向かって枝を伸ばしてる感じですよ。
 その様子を見て、私の仕事が信用できないから雪に負けない生き方を自分で考え模索してるように想えてしまいました …(^_^;


 というわけで植物は本能に忠実な完全主義者かと思ってたんですが、環境をみながら自分で考えてみたり意外と間抜けなことをしてみたりしてるようにも感じました。

 きっと地球上の生き物すべてには「本能」というルールだけじゃなく、時にはそれに従わなくても可という「個性や自由」が与えられてるんじゃないかと考えた次第ですがどうなんでしょうねぇ…。

 




スポンサーサイト

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1496-18149754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。