でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れの樹を見あげ…

 調べたところ「今年は太陽活動が活発らしい」情報があることを先日書いたが「確かにそうかも?」という実感があります。

 さすがに時期的なこともあり気温は20度前後まで下がったけど、晴天の日の光の眩しさは例年にないものですよ。
 それと日が傾きはじめてからのオレンジがかった光も強力で、樹木や草花が何ともいえない独特な美しさになりますねぇ。
 …今まではごくたまに見られる情景だったが、今じゃ晴れた日は毎日ですよ~。

 ついでに夕焼けも綺麗です。
 我が家は山の木々に囲まれてる環境だから断片的ではあるが、隙間から見える不思議な紅色が嬉しく想えます。

 うーん、明らかに例年と違う状況なんですが、あのオレンジの空気に包まれた風景はこの世からトリップしてしまったような感覚です。
 ま、今の私は光より速い粒子の存在とかを議論するより、日常身の回りにある光をボケーっとながめて自分なりに感じ考えてる方が面白いわけですねっ (^o^)


 というわけで写真は玄関を出たすぐ右側に生えてる木です。



 上半分は白くて最初はシラカバか?と思ったんだけど下半分は違うから別の木みたい。
 気になって訪ねてきた人たちにも聞いたが答えを得られず、私も少し調べてはみたが結局はわからないから「謎の木」と呼んでます。

 余談ですが右上はクルミで今年も沢山の実を付け、現在我が家の屋根を叩いては落下してますよ。
 山暮らし始めた頃はすぐに切り倒せる大きさだったが今じゃ大木に生長しました。
 左下はクリでこちらも毎年実を付けてくれますが、出会った頃は1m程度の小さな苗でしたね。
 どちらも私が植えたんじゃなく勝手に生えて育ってるわけです。

 で、この謎の木は私が来た頃からそれなりの大木でして、たぶん当時とそんなに大きさが変わってないかと思います。
 しかし旅から戻り、今日見上げるとすでに葉を付けてないんですよねぇ。
 夏場は確かに葉を繁らせてたし、周囲の樹木は紅葉が始まってきたのもあるんだけど葉を落とすには早すぎますよぉ。

 もしかして枯れてしまったのか? …そういや今年は例年より芽吹きが遅くて「大丈夫かな」なんて思ってたし、原因は不明だけどすでに弱ってたのかもしれません。
 とりあえず来春の新緑があるか見極めてから今後のことを考えます。

 まぁ、もしも枯れたんなら切り倒して薪にすればいい話ではあります。
 しかし私が山に来た当初から「この木なんの木?」と気にしてたし、家の出入りをいつも見守ってくれた奴でもあるから何か残念な気持ちを感じてるんですよねぇ…。
 

 



スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1483-c8f7594d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。