でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記憶1 …大震災と旅の空

 今年は忘れないうちに旅の記憶を書きとめておこうかなんて思ってます。
 とはいえ私の場合は過去に見たい土地はめぐり終わってるんで、一般的な観光やグルメネタはほとんどありませんけどね。


 ちなみに今までの北海道旅行で一番長く滞在してる土地って実は札幌なんですよ。
 私は別に都会嫌いというわけじゃなく、生まれ育った東京が巨大すぎて苦手なだけです。なのでコンパクトな地方都市が好きでして、特に徒歩で歩き回るのも可能な範囲に大都会が存在する札幌が大好きですっ!
 
 ただ私の旅仲間には札幌に移住した人が結構いるんですが、結局はそのほとんどが去ってしまいました。
 理由は勤めても給料が我が家の田舎並みに低いくせに、税金保険料は東京より高額(日本一高いという話も聞いた)で生活苦に陥ってしまうからとか…。
 そういや「東京の給料で住民票を移さず転勤するか、公務員にでも就職できれば天国なんだが…」という話は何度か聞きましたよねぇ。
 


 さて、今年はそんな札幌で母子連れの旅行者と知り合いました。
 で、不思議に思ったのがその母さん、札幌の求人誌や賃貸情報を熱心に読んでるんですよぉ…。
 機会を見つけて話を聞けば住まいが関東某県で、そこはネットや一部週刊誌で「放射能のホットスポット」と報じられてる地域の方でした。
 
 本人としては子供の健康や将来が心配でたまらず、比較的安全とされる北海道に移住するのが希望とのこと。
 だけど現実には御主人の仕事や住宅ローンのこと、それに子供達の転校の問題等々面倒な問題が山積してて難しいらしい。
 さらにマスコミを100%信頼してる主人やその祖父母の理解は全く得られず、地元でもそのような話題や情報交換をできる雰囲気じゃなく一人で悩んでるみたいでした…。


 個人的にはあの震災と原発事故以来ネット(テレビや新聞が無い生活だし)にて情報収集を一応はしてるのですが、正直いったい何が本当なのか判断しかねてる状況です。

 「フクシマは安全収束に向かっていて近いうちに住民も戻れそうだ。それどころか放射線ってのは健康にいいから浴びた方がいいしプルトニウムだって食べても無害だから心配無用ですっ」という超楽観論から、「東日本はもちろん被爆と食糧の汚染で国内は居住不可能になり、チェルノブイリ事故のソ連みたいに国家が壊滅する!」なんていう超悲観論まで様々な情報がまぜこぜに飛び交ってますよねぇ…。

 ま、個人的には京大の小出裕章先生の解説あたりが感情や思い込みに走らず理知的で説得力があるのかなぁ?と現時点では思ってるわけですが、雑多な情報をどのように受けとめ解釈するかは個人の自由と自己責任で人にとやかく言う筋合いじゃないと考えてます…。

 なのでこのブログでは他のことも含め、自分の考え(というもの自体が流動的だから自信がない)を押しつけたり自己主張する気はございません。


 そういや今回北海道で一番一緒に過ごした仲間のひとりが震災の被災者で、仕事で原発処理にも行かされたそうですが結局は会社がゴタゴタして失業してしまったそうです(だから今年は長期の旅行ができたわけですね)。
 それでも相変わらず陽気で「タダで高速道路を走れるんだぞ~」と笑ってましたが、実は家や地域は大変なことになってるそうで笑顔で聞ける話じゃないわけですよぉ。

 それと短期間だが今年も再会した仲間に現役自衛官の人がいまして、やはり福島原発にあの仕事で関わってたそうです。
 彼は立場上?民間人の私達に細かい話はしなかったが、不満と怒りを抑えきれない様子だけは私なりに感じましたよ…。


 というわけでこのたびの震災と原発事故ですが、いくらネットで情報を見て他人様の話を聞いても「本当はどうなってて、これからどうなるのか?」なんてことは低レベルな私の頭や思考じゃわからない問題でした。

 ま、私は馬鹿なりに自分の頭で考え自己責任で生きることにしてますし、それでいいんだと想ってますよ。
 なぜなら「人まかせにして人のせいにして生きる」なんて馬鹿馬鹿しい人生だと、個人的には考えてるわけですからね…。
 

 



スポンサーサイト

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1479-cc8d2cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。