でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し進化したしたバケツイネ

 先日仕事帰りの農道で田んぼに入って物色してるカラスがいました。
 律儀なのか単に歩きやすいだけなのか知りませんが、見ればちゃんとイネを踏まずに行動してるのが面白かったですねぇ。


 そういや今年この地域じゃ春先の低温で圃場の準備と育苗が遅れ、田植えが半月近く遅れてしまったそうですよ。
 そして我が家の小さな田んぼも遅ればせながら田植えを終えたところです。
 とはいってもバケツに植えただけの小学生の教材みたいなもんですが(昨年のブログにいくつか書いてます)それでも一応収穫はできましたよ (^o^)
 
 で、今年もバケツイネをやってみたわけです。
 


 バケツは昨年のをそのまま使ったけど写真左は全くの不耕起で古株も取らず植えて、右はスコップの届く範囲で半分くらい耕して古株は隅に寄せ、一応代掻きみたいなことをしてみました。
 苗も1本植えや2本にしたりと条件を変えて様子を見ようと考えたんですが、どれほど差が出るんでしょうか?


 ちなみに苗は昨年と同じで食品パックに種籾をばらまいたもの。



 違いは今年の種は昨年のバケツイネから収穫した自家製で、我が家の2世代目になることかな。


 ま、正直な気持ちとしてはやっぱ本物の田んぼを自分でやってみたい希望はありますが、我が家は自然落下で水を引けない場所だし、私みたいなロクデナシのヨソ者に貸してくれる人もいませんよぉ~。
 だから現時点で自分が出来る範囲のことをやってみるだけの話ですよね…。


 ところで昨年と全く同じ方法だけじゃ面白くないんで新しいことも試してみましたよ。



 友人から半割のドラム缶を頂いてたんですが、使わないまま野外に放置してあったやつ。
 これに土を入れ稲を植えようと考えたわけです。
 しかし粘土質で石ころだらけの痩せた土なんで、できるだけ石を除き籾殻薫炭に今回は堆肥も多少混ぜ込んでおきました。

 田植機だと15㎝位の間隔になるのですが、今回は尺角(30㎝間隔)で植えてみました。
 本数は念のため2本植えとしたが、健全に育てば本物の田んぼでも1本~5本以上植えの差は出ないそうです。
 なのでドラム缶にたった6本(というか6組12本)という寂しい田植えになってしまいましたよ (^_^;




 というわけですが、相変わらずこんないい加減なことしててコメができるかのかは未知数ですね。
 気が向いたらボチボチ様子を書いてみる予定でいますが…。




スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1439-1c1a93d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。