でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクダミとニラのその後

 先日はジャガイモに付いた虫をドクダミとニラで撃退した話を書きましたが、その後日談です。
 ちなみに読者の方から情報を頂いて調べてみたところ、例の謎イモムシは「ヨトウムシ」で間違いなさそうです。

 で、ドクダミとニラのどちらが効いたのか確かめるため別々に施してみたんですが、ヨトウムシにはニラだけじゃ効果がないみたいでした。
 かといってドクダミの葉はすぐに乾いて効果がなくなってしまうようで、結局はニラとの複合技が良さそうな感じです。


 基本的にジャガイモのヨトウムシは弱った下葉の部分にたかるだけで放置しても影響なしですが、見るからに弱々しいメークインだけは茎まで食われまくってますよ。
 我が家では今年3つ買った新種の種イモ以外すべて昨年収穫したイモや食用に売られてるのを種にしてるけど、メークインは市販の種イモから今年で5代目(種イモを1代として)になりますね。
 そういや昨年から植えても元気がなくテントウムシが真っ先に食ってたほどですから、自家製種イモの限界にきたのかもしれません(しかも今年は連作だし)。…当然収量もひどいもんでしたよ。 
 
 だけどこの時期を乗り越えたら「我が家の土地に合ったメークインになるかも?」という期待から今年も植えているわけです。
 ちなみに隣に植えてある「男爵」は4代目でやはり連作だが、こちらは今のとこ元気いっぱいですけどねぇ。


 というわけですがヨトウムシにやられまくってるメークインを何とかしなければと、効果が見られたドクダミニラ攻撃を株元にしてみました。



 ちなみに個人的にはニラの香りは好きだしドクダミの匂いも苦にならない方なんですが、ふたつが合わさると化学変化を起こすのか知らないがイヤになるほど凄い臭気ですよぉ~。
 そしてこの方法の難点は効果が持続しないことで、2日もすれば生き残った?ヨトウムシが再び登ってくることかな。
 たぶんハサミで細切れにするより電動ミルやミキサーで粉砕した方が効果ありそうに思えますが、問題はその後コーヒーや料理に使えなくなりそうで躊躇してます (^_^;
 

 で、他の手軽な方法を考えてみたのがこれ。



 これは「タケニグサ」という毒草で、我が家のあちこちにたくさん生えてる雑草です。
 放っておけば巨大化して背丈くらい伸びるんですが、これを使えないかと考えてみました。
 昨日施して今日の夕方に確認した限りではヨトウムシが上がってきてないが、雨も降ったことだし効果のほどは今のとこ未知数です。


 ま、そんな調子で思いつくままに試してるところです。
 仮に10の方法をやってみた中にひとつでも効果のある発見があれば嬉しいわけで、はじめから正解や結果を求めてないから楽しめる趣味の世界でありますよ (^o^)




スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1434-2c602fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。