でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクダミとニラの威力

 昨日コメントいただいた方の話を読んで、いろいろ考えるところがありました。

 で、今朝の出勤前に正体不明のイモムシ(判明するまで以降「謎イモムシ」とします)がたかってるジャガイモに対策をしてみましたよ。
 それはドクダミとニラをハサミで細切れにして株元や虫食い状態の葉の上にばらまいてみたわけです。

 ちなみに我が家の畑は放任したらドクダミ畑になるんじゃないか?ってくらいドクダミが豊富に生えてます。
 もちろん野菜に邪魔な分は刈ったり抜いたりしてるんですが、地下茎でどんどん繁殖する奴だから「根絶やしにしてやろう」なんて考えはとっくにあきらめてますよ。

 一方ニラは地下茎繁殖はしないけど、すでに食いきれない量で(一時期は毎日ニラばかり食ってたなぁ…)しかも大きくなると固い繊維質になって食べづらくなる、というかすでになってる。
 なので一度刈り取って再び柔らかい葉が生えてくるのを待つ時期になってるんですよね。

 どちらも虫が全く寄りつかない植物だし、しかも大量に利用できる時期だから今回試してみたわけです。


 というわけで夕方帰宅してから様子を見に行って驚きましたよぉ~。



 たぶん20匹近い個体すべてが動きを止めてて、触るとポロポロ落ちていきますね。
 …普通に考えたら全員死んでしまったということになるんでしょう…(写真は虫を払い落としてからの撮影です)。

 だけどいったいドクダミとニラのどちらが効いたのか、それとも両方なのかということですが現時点じゃ判断できかねる話です。
 なので今日は他にこの謎イモムシにやられてる野菜(発芽して間もないダイズ)をドクダミ組とニラ組に分けて試してみました。

 結果は明日以降にわかるかと思いますが、身の回りで普通に生えてる植物の中に「意外な効果があるもんだなぁ」と認識やヒントを与えられた次第です。
 そういや確か昨年書いたと記憶してるが、草刈りした場所より雑草の中に植えた苗の方が害虫被害が少ない事実もありましたね。


 ところで例の謎イモムシは不健全な葉っぱにしか取り付いて生きられないとても弱い存在みたいで、我が家ではジャガイモの下葉によく見られるが株が健康に育ってれば全く影響がないという現実もありますね。
 今回試してみたのは「アローワ」という一個しか種イモを買ってない我が家の新品種で、何としても枯らすわけにいかない事情もありましたよ…。

 でも結局は健全な苗を育てることで、私と謎イモムシたちが共存できる道があるような気もするわけで、なんか難しそうだけど面白いテーマだなぁ…とも考えているところです。





スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

おおー 早速効果でましたかー

>ドクダミとニラをハサミで細切れにして株元や虫食い状態の葉の上にばらまいてみたわけです。

昆作しなくとも、自然農薬として虫が付いたら、付かない植物(嫌う)を刻んでばら撒く、いいアイデアですね。
定期的にばらまいておけば枯れて肥料にもなるし、エエですね。
ドクダミは植木鉢にして所々に置いて置く、ってのもいいかもね。
やっぱり、何らかの解決方法はあるんですよ、

  • 2011/06/08(水) 06:48:56 |
  • URL |
  • 暇なおやじ #Lp9Y58FE
  • [ 編集 ]

Re: おおー 早速効果でましたかー

ドクダミの効果は意外でしたね。
でもハサミで切ってたら手間なので効率よい使い方を考え中です。
これに気をよくして他にも沢山生えてるスギナも試してみようと思いました。
上手くいけば自然農薬とカルシウム補給の一石二鳥なのですが、思惑通りにいかないのが日常でありますね。

  • 2011/06/09(木) 21:51:42 |
  • URL |
  • むてっぽー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1431-c6706bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。