でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道と風呂のよろこび

 昨日今日は崖の途中にある水源地の復旧作業をしてました。

 まずは新しい電気コードを水源地まで引き回してポンプにつないだが、モーターは回るけど水は出ませんねぇ…。
 なので現場を調査すると、まずは水槽に注ぐホースの詰まりとポンプのホースカップリング金具の破損を発見。
 
 さらに数年前に枯れて倒れたナラの巨木がさらに滑って地面をえぐり配管を直撃、埋設した塩ビパイプがひん曲がり潰れてましたよ~。
 うーん、本当は倒木を片づけたいんだが人力じゃビクとも動きません。
 チェーンソーで玉切ってくしかないでしょうが、何せ崖の途中でしかも雪が溶けたばかり(西斜面なので早く消えた)で、グチャグチャ滑りまくりの恐ろしい状態だからちょっと無理ですねぇ。
 
 なのでできるだけ仕事がはやく低予算の応急処置を考え、雪道を歩いて必要な材料を買いに出かけました。
 で、とりあえずやってみたのがこんな感じ。



 いわゆる「バイパス手術」みたいなもんですね。
 ちなみに少し上にある白い固まりは残雪で、その上の紐みたいなのが電線です。
 ホースは農業用ポンプでよく見かける25㎜の丈夫なやつで、これにした理由はネズミにかじられないため(電線かじられて切断したことがある)と20m近い(正確に測ったことないが)高低差を押し上げて相当な水圧がかかるためです。
 当然ホースの接続もバンドでしっかり固定しないと外れて暴れるのは経験済みです。

 ま、ご覧のとおり極めていい加減な仮設作業でして、よい子の皆さんはマネしちゃいけませんよっ。
 もちろんこれじゃ冬は越せないから、それまでに何とかしなきゃいけませんけど…。

 とにかく他にもやることがてんこ盛りな上に人足はたった一人の山暮らしです。
 ひとつひとつを細かく完璧納得いくようこだわってたら、生活が成り立たなくなるんですよぉ~、という言い訳でした … (^_^;


 ところで風呂や洗濯用のシステムにも想定外の事故が起きてまして、水槽が空になってました(これも直さなきゃなぁ…)。飲用の水槽は別にしてあり無事だったんですが。
 というわけでやっと風呂に入れまして、そのありがたさを実感したわけです。

 しかし水の出が本調子じゃなくエアが入ってて、原因は吸い上げのパイプかポンプ自体の調子なのか?と考察中ですが、とりあえず水が出たんだからと細かいことは後回しになりそうです (^_^;





スポンサーサイト

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1404-e5e01ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。