でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスの声を聞いてみる

 早朝はカラスの声で目を覚ましましたが、そういや最近は連中の声を聞いた記憶がないことに気付きましたよ。

 いつもは東京の実家付近じゃ未明から相当数のカラスが鳴き始め、すっかり明るくなるまで結構な賑わいです。
 1羽が鳴けばあちこちに分散してると思われる仲間達から返答があって、なんだか「朝の定時連絡」してるような感じですよ~。

 それは山の我が家でも同じですからたぶん全国的(世界的?)なカラスの風習かもしれません。
 そういや前に北海道の漁港でキャンプ(車中泊)した朝はもの凄い数のカラスに驚いたものです(エサが豊富なんでしょうね)。
 暇に任せ観察して思ったのは、あれほどの大集団の中でも声をかけ合ったり直接挨拶する個体同士が決まってる感じでした。個人的にはそれが親子親戚や仲良しの相手なんじゃないかと思ったが詳しいことはわかりません。

 連中を観てると何か「個性と自由を尊重した社会主義集団」のように感じられて「楽しそうだな、うらやましいなぁ…」と想ってしまいます(ちなみに私は政治的な思想主義は持ってませんから念のため)。

 
 ところで「動物には災害を予知する能力がある」なんてよくいわれますが、どうなんでしょうか?
 そういや山暮らし中に結構大きな地震に見舞われたことがありましたが、その時は震源地からは離れてたから大した被害はありませんでした。
 しかしその前後の期間、我が家でカラスを見かけなくなってしまいましたよ。再び姿を見せたのは震源地の余震が落ち着いた頃かな。

 私は学者研究者じゃないし正確な記録も付けてないから断定的なことを言えないが、山暮らしの経験から想うにカラスや小鳥たちって環境の変化にかなりデリケートだと考えてます。
 前にも書いたことがあったけど私が「不穏な雰囲気?」を感じた時は、生き物たちも変な行動をしたりどこかへ消えてしまう傾向があることは生活の中で感じています…。

 ま、人間は「動物を利用して災害予知」とかセコいことしか考えないわけですが、連中はもっと大きなことを知る感受性を持っていると想えてなりません…。


 余談ですがテレビで観た映像の中に、津波を見て驚いて飛び立つカモメ(ウミネコ?)の姿がありました。
 北海道の知人談によると「津波の前は沖まで潮が引くから海産物が手づかみ状態になる」そうなんで、それを連中が狙ってたのか単に予知能力がないのかは知りません。

 いずれにせよすぐ飛んで逃げられる能力はうらやましい限りですが、カモメたちも日常生活を破壊された事実は人間と一緒ですよねぇ…。


 ちなみに私はカラスという鳥が大好きで、写真のライフワークにしたいと思ってるほどですよ。
 そりゃイタズラ好きで畑を荒らしたりもするんだけど、我が家においてはせいぜい「スキを見てちょろまかす」程度だし集団攻撃で全滅させるような悪質性はなく、いろいろ愛嬌もあったりするんで何か憎めないんですよねぇ。
 それと防鳥網を張った場所には全く手を出さない(入り込むスキはあるのに)のは警戒心が強いというより「こちらの意思表示が通じてるのかも?」と、勝手な解釈をしています。

 カラスの習性についてはネットで検索するとたくさん出てきますが、それらを読む限りどうも現代の人間界(日本の庶民?)が求める「安定安全をスローガンにする低リスク指向」や教育で重要視する「記憶力を元にした応用問題」とかいう能力に関しては連中の方が上じゃないのかぁ?って気がしましたよ …(^_^;

 それに子供を人間に盗られた親ガラスの愛情怒りの行動や、人間の好意親切を受けた後の「恩に対する義理堅さ」なんかを知人の体験談からも聞いてます。
 …うーん、もしもカラスが人間に生まれ変わったら、私なんかよりも優秀で人情に厚い人になるかもしれませんよ~。


 というわけで与太話を並べてしまいましたが、今朝聞いたカラスの声はいつもより何かまだ迷ってるというか元気と自信がなさそうな感じに思えました。
 個人的には今回の地震が「関東や東海他に連鎖する可能性を100%否定できない」と心配してますが、カラスが戻ってくれたことで「とりあえずは落ち着いたのかな?」とも考えてるところです。
 
 念のため書いときますが、以上は「ロクデナシの戯言」に過ぎないから本気に読まないでくださいねっ。

 ただ、私としては何を信用していいか判断できる身分じゃないし能力もないから「政府マスコミの報道」と「ネットの怪しげな情報」に「カラスの声」の、いずれも話半分として一応平等に頭へ入れとこうか、と考えてるわけでした。



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1391-d39602ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。