でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮小屋時代の便利生活?

 現在我が家には電気を引いてあるから都会とそんなに変わらない家電生活をしています。
 しかしそれ以前もそこそこの便利生活はしていました。

 基本は自動車用のバッテリーです。
 カー用品売り場に行けば「直流12V」で動作するテレビやカーステレオ、照明器具等々が揃ってますからキャンピングカー並みの生活は簡単に構築できるわけですね。
 
 私の場合、室内の補助照明(メインはキャンプ用のランタン)に車のルームランプを使ってました。5Wの小さな電球じゃローソク程度の明るさだが、慣れるとそれほど不自由もなかったです。
キッチンには小さな蛍光灯(12V用のインバータ付き)を付け、CDラジカセは9Vだったから電池ケースに3端子レギュレータを仕込みました。

 ちなみに9Vや6Vとかの機器には「3端子レギュレータ」を使うのが安価で超簡単!
 説明するのが面倒だから興味ある方はネットで調べてみてくださいね。

 ま、照明なら現在は高輝度で効率の良いLEDがお手軽だからそれで決まりでしょう。
 前に車のルームランプをLEDに交換したんですがその明るさに驚き、以来旅先の車内で小型ランタンを使うことがなくなりましたよ。


 ところでPCですが、私のノートはACアダプタが19V出力だが内蔵バッテリーは10V以下です。
 なので試しにシガープラグから直接給電するコードをこさえてつないだところ問題なく動作しましたよ~(充電もできた)。
 以来旅先でPCの電源を気にすることがなくなったんですが、マネして壊しても責任は持ちませんから念のため。


 で、個人的に一番重要と考える冷蔵庫なんですが、最初はカー用品の「温冷庫」を買ってみたけど消費電流が大きすぎで(確か5A前後)こりゃ無理だとすぐに思いましたよ。
 なので結局はカセットガスの使えるタイプ(イワタニプリムス製)を買いました。
 これはガス1本で24時間持つし、少量ながら氷も作れて(当時の氷は貴重品でした!)重宝しましたね。冷蔵庫のおかげで買い出しや飯炊きの回数を減らせるからムダな時間を節約できるのが最高にありがたかったですねぇ…。

 欠点は底に水が溜まることと空き缶ゴミが大量に発生することかな。
 ガスに関してはカセットコンロをやめてプロパンボンベを導入した時、ついでに冷蔵庫にも無理矢理つないでしまいました(質問不可だし危険ですから絶対にマネしないでください…と一応書いとく)。
 記憶では8㎏のプロパンボンベで夏場は1月半、冬は2ヶ月持ちました。

 ちなみに当時は詳細な家計簿をつけてたんで計算したところ、貧弱な食生活の我が家ではカセットガスをプロパンに替える経済的メリットはあまりなかったです。
 カセットを頻繁に交換する手間を省き、不燃ゴミを出さずに済むメリットは大でしたけどね。


 というわけで日常的にはバッテリーとガスの併用で、ある程度の生活をすることが可能でした。
 しかし大電力を消費する機器には対応不可能でしたよ。

 電動工具とかのモーター類ですね。
 例えば丸ノコは10A以上、水汲みの電気ポンプは13Aも消費してしまいます。
 しかもモーターはその起動時に定格の数倍も電力を必用とするから、よほど強力なバッテリーとインバータを備えない限り現実的じゃないんで発電機に頼らざるをえませんでした。

 そういや風呂の灯油釜(薪と兼用だが)でバッテリーで使おうと確か130Wのインバータを買ってみたことがありましたよ。
 定格的には十分なはずだったが電磁ポンプがモーターみたいに瞬間大電力がかかるのか、それとも正弦波じゃないのがいけなかったのか知りませんが内蔵ブレーカーがすぐに作動して使い物になりませんでしたねぇ…。
 
 ま、当時は我が家の建設中で頻繁に発電機を使う日常だったから、不自由に思うことはなかったわけですけど(バッテリーの充電もそこからしてたし)。

 ところで直流12Vは触って感電するような電圧じゃないが、間違ってショートさせると非常に危険です(溶接できるほどのパワーがある)。
 しかも低電圧だと電線における損失も大きく無節操に引き回すと使い物にならなくなる可能性があります。
 6畳一間の仮小屋時代なら気にすることもなかったが、現在の家に越してからは1階2階を別系統の2台バッテリーにしてました。


というわけで思いつくまま断片的に書いてみたが、キリがないのでこの辺にしときます。
 それと現状も含め電気に関する具体的な質問には原則お答えしないことにしてるのであしからずです。
 とりあえず電気と関わるなら最低限「高校生レベルの理科+α」の知識を身につけた上で自分で調べてください、と申し上げるのみです。

 というのも私自身は中学生から電子工作や無線趣味にハマったおかげで「電気アレルギー」なるものはありませんが、知識技術が当時からほとんど進歩してなく正式な教育や職務経験も皆無のアマチュアレベルなんで正しいことを語れない立場なんだと理解してください。


 で、今年突然電気関係の興味が復活したのは、たぶん寝太郎さんのブログの影響だと思ってます。
 彼の家は電力会社の電気を引かず太陽光発電で照明やPC等の電力を調達してるそうです。
 当時は考えられない話だったけど、ネットで調べたら中古のソーラーパネルや関連機器が今じゃお手軽価格で購入できる事実を知りましたよ~。

 
 なので時間や予算と相談しながらだけど、今年は太陽光発電に挑戦してみたいもんだなぁ…なんて考えてるところです(本当に実行するか先のことはわかりませんが)。

 個人的には万一の停電とかに備えバッテリーと発電機の併用システムを復活しておくのも必用かなぁ…と考えるこの頃でした。



スポンサーサイト

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1387-8068eeb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。