でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗り物の経費とかを考える

 かつては稼ぎのよい出稼ぎ先が沢山あり年収もそこそこ(といっても200万前後だが)でしたが、この不景気で半分に落ち込んでしまいましたよ。
 
 しかし収入が減ると真面目に「やりくり」を考えるようになるみたいで、工夫したり無駄を省いた成果なのか生活レベル自体が落ちたという実感はなかったですね。
 電気代は4千円台をキープするようになったし、プロパンガスも3年近く充填してません(電動工具やPCを使うから電気代はそれなりにかかる?)。
 ついでに不要品をオークションとかで処分すれば収入とは別に趣味なんかの費用も捻出できてますし…。

 山暮らしを始めた頃から「金より時間が欲しいっ」と思い続け、しかし生活のために最低限は稼がなきゃいけない現実とのジレンマだったわけです。
 先日「断捨離」の話題を書きましたが、現在の不景気に収入減という現実は逆にいい加減な生活を見つめ直しリフレッシュする効果があったみたいです。


 ところで生きるために必用な「衣食住」については前にも書いたし、また後日あらためて書いてみるつもりですが、今まであまり気にしてなかった乗り物についての経費を計算してみましたよ。

 私は現在ワンボックスの軽自動車と原付バイクを所有してます(250のオートバイもあるが自賠責が切れて今は友人宅で眠ってる)。
 で、メインの軽自動車ですが今までの入手経路は様々で知人からタダで頂いたのもあったし、車検2年付きで10万とか1年付きで5万なんてのもありましたよ。
 だから一概に言えないけど一応個人的には「車検2年付きで20万が上限」と決めてます。
 それと年式や程度によるけど大体は中間で一度車検を取って3~4年乗るのがお約束ですね。



 ちなみに私が手に入れる車って「10年以上落ち」がほとんどで、さすがに初年度登録から15年前後過ぎれば修理代や交換部品が発生して余計な経費がかかってしまう経験をしました。
 なのでそこら辺で買い替えた方が、余分な費用もかからず経済的だと考えるようになったわけです。
 …逆に考えれば10年ちょっとで壊れるほど日本車はヤワじゃない、優秀な車と言えますが。


 というわけで上限と決めてる「車検2年付き20万」で4年乗ると計算すれば、

 ・車両本体(車検や自賠責等の費用も含め)が20万円
 ・中間の車検が最安店で5万円くらい
 ・税金が4千円(4ナンバーの貨物車)×4年で1万6千円
 
 以上を4年で割ると、年間6万6千5百円となりますね。
 1ヶ月あたり5千円ちょっとだから、これなら週一でレンタカーを借りるより所有した方が便利でお得かと思いますよ。

 あと、バッテリーやタイヤにワイパー等の消耗品もあるけど、年間の走行距離が少ない(概ね4千㎞以下)4年程度だと経験上交換する必要がほとんど無いんで経費に考えてなかったりします。
 走行距離が少ないからからエンジンオイルも年に一度しか交換してませんし。


 で、以下は乗る人によって大幅に変動する要素なんで別項目とします。

 現在の任意保険(対人対物無制限の搭乗者1千万)が月々3千円くらいだけど、これは各種割引等が人によって違うからあくまで私の場合です。

 ガソリン代は私の場合、月間3千円程度に抑えるようにしてます。買い物とかは仕事帰りにするようにして、休みの日にはできるだけ車に乗らないようにしてる(ガソリン代以上に時間の無駄ですから)。
 さらにスーパーカブ(リッター5~60㎞走る)を併用して余計な燃料代がかからないよう工夫してるつもり。
 何年か前にガソリンが高騰した時は、カブに乗る回数を増やすことで結果的に燃料代が例年よりかからなかったよなぁ…。
 
 原付(125以下の二種を含む)は車検もなく税金もバカ安だし、自賠責は割安な5年単位で入り任意保険も車の「ファミリーバイク特約」で月500円で対人対物が補償されるので貧乏生活の孝行息子ですよ。
 ちなみに今のカブ号は友人から1万円で譲ってもらったから、十二分に元が取れてますねぇ…。


 というわけで我が家の乗り物経費について書いてみましたが、きっかけは「都会で車をシェアするビジネスが繁盛してる」話題を聞いたことでした。

 「田舎は車がないと生活できない」ってのは確かだと思いますし、ひとり1台が常識の土地柄です。…かといって毎日一日中乗ってるわけじゃない。
 私の場合で考えたら通勤で乗るのも朝晩の数十分だけで、あとは自宅か職場に放置してあるだけ。仕事以外でお出かけするのも通常ならせいぜい週に一度ってとこかな。 
 だから私一人じゃなく上手に数人で有効活用できる方法を構築できれば、車の維持費を大幅に節約できるわけですね。
 

 そういや近所の集落でも70歳以上の年寄りは車の免許を持ってない人が多い。
 だけど必用があれば家族や近所の人の車を出してもらうから生活に不自由することがありません。

 だから結局は「お互い様のお世話様」って生き方で上手にシェアしてバイク併用とかの工夫をすれば、たぶん車なんて「5人に2台」程度で足りるんじゃないかと考えてしまいました。

 ただし、我が家は雪国なんで冬場バイクを気軽に乗り回せる環境じゃないのが問題ですが…。


 …私は必用最低限の人付き合いはしてるつもりですが、それでも「正式な集落付き合い」してないんで「半孤立状態」なのかな。

 ま、孤独が好きだからこの山で家族や同志を持つ予定もないけど、仲間達と共同の自給自足生活をするなら車はもちろん、いろんなものを上手に共同所有するのが効率的に生きる方法なんじゃないか? と考えてみたわけです。




スポンサーサイト

テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1376-ee2ee43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。