でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年のカボチャについて総括

 そういや果樹の冬囲いをしてる時、草藪の中からカボチャをいくつも見つけました。

 こんなのとか、



 これとかは比較的見つけやすいが、



 これなんかは後回しにしたら見失って、再び探すのがちょっと大変でしたねぇ…。



 他には写真に採り損ねたが、ツルが木に登って枝からぶら下がってるのとかもありましたよ。


 ところで昨年はカボチャの苗を20本くらい植えてみましたが、本数より収穫数が少なかったな。
 1株から3つ以上は収穫できるもんだから …要するに昨年に続く不作だったわけです (^_^;

 苗の半分くらいは無肥料で日当たりのあまり良くない場所に植えてみたけど、葉は大きくならずツルもあまり伸びず一つも実りませんでしたよ~。
 で、経験して考えたことは「日当たりはもちろんだが元肥は必用みたいだなぁ」ってことです。

 で、残り半分は日当たり良好(周囲を樹木で囲まれてるから一日中日がさすわけじゃないが)な場所に植え、控えめながら元肥もしたところ元気よく育ちましたね。
 そんなことからカボチャの場合は初期に大きくして勢いをつけた方が肥料分の吸収も良いみたいだし、以後は力を付け無肥料で放任できるみたいな気がします。


 ちなみに今回(昨年)は他の野菜もそうですがは不耕起を原則として(例外も多いが)元肥として堆肥を鋤き込まなかった。
 堆肥はマルチみたいに地表に敷き詰めるようにして様子を見たんですが、結果としては鋤き込むよりも速効性があり、しかも長く効くみたいな感じがしました。
 昨年みたいな雨の降らない猛暑でも地面が乾かず、乾燥に弱いサトイモなんかも大丈夫でしたからね。


 今回のカボチャは市販苗が2本か3本だけで、あとは種をポットに蒔いて育ててみました。
 ところが植え付ける場所が無くて最終的に5~6個の苗が余ってしまい、ポットに置いたまま1ヶ月くらい放置してたんですよ。
 そのまま廃棄するのはもったいないから、とりあえず期待もせずにコンニャクやサトイモの間へ適当に植えておきました。

 この年はウリハムシ(カボチャやキュウリ等のウリ科野菜を食い荒らす害虫)が記憶では史上最大に発生してて、しかもそこは一番連中が飛び回り地面を闊歩してる場所でした。
 なのでたぶんウリハムシに食われまくってろくに育たないだろう、と思いつつ植えたわけですね。

 ところがです。
 不思議なことに連中はカボチャに全く寄りつく気配もなく、そこに食料が無いような風情の知らん顔なんですよぉ…。
 しかもウリ科野菜お約束のウドンコ病も全くといっていいほど発生しない!
 しばらく前同じ場所に植えた市販苗は、一応ウリハムシとウドンコ病の洗礼を受けたんですけどねぇ(それでも株に勢いがつけば病虫害を相手にしなくなりますが)。

 そして結果的にはここに植えたカボチャが一番まともに実りました。

 …正直私の頭ではその理由がさっぱりわかりません。
 違いといえばその苗は無肥料のポットに種を植え、無肥料のまま気にもせずしばらく放置してたってだけのことです。
 不遇な環境に耐えてるうちに強じんな生命力を身につけたんでしょうかねぇ??

 …全く期待もしてなかった奴が一番の結果を出してしまったという、人間界でもたまにみられる現象でしたねぇ。


 ま、この手法が今年以降も通用するとは考えてません。
 気候や微妙な諸条件とかによる「たまたま」の結果である可能性も大ですしね。
 だけど憶えておけば後々どこかで役立つかもしれない経験とは考えてますよ。


 今回はいくつもの品種(西洋カボチャ、白カボチャ、地元に伝わる赤くて長い品種)に昨年我が家で勝手に交配した怪しいやつの種なんかを、ごちゃ混ぜに植えてしまいました。
 その結果は「植えた憶えのない」わけのわからんやつばかりが実ってしまいましたよ~ (^_^;



 他にもいろいろあるんですけど、とりあえず写真手前や左後ろの「基本薄緑で少々赤模様のティアドロップ型」が一番多く実りましたね。
 見た目はアレですが食べてみた感想(親やお裾分けした友人達の意見も含め)は、「普通のカボチャだね」ということでした。

 うーん、どうやら簡単に交配してしまう野菜みたいなんで、次回(今年)は場所を離して品種別に植えてみようかと。
 でもこの「ティアドロップカボチャ」と一昨年の冷夏長雨環境でもちゃんと実った「薄緑の白カボチャ」は、今後も作って様子を見るつもりでいます。


 というわけで、いい加減なことをしてるから正体不明?の野菜もできたりすることもあるんですが(そういや植えた憶えのないアズキ?があちこちに出てきたのは驚いたよなぁ…)食えるなら別に問題ないわけだし、この調子で「でたらめ家庭菜園」を楽しんで続けて行こうと考えてますよ (^o^)





スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1373-26ef1c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。