でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい機材で年賀状

 我が家の郵便物は手続きをして現在は実家に転送されてきます。
 なので元日に届くはずの年賀状が今頃バラバラと到着するわけです。

 ちなみに普段付き合いのある人とは年賀状をやりとりしてないんで、差出人は東京で暮らしてた頃や旅先で知り合った仲間ばかりですね。
 今じゃ年に一度も会えるかどうかの間柄ですが、私みたいなロクデナシのことを憶えててくれるのはありがたいことです。
 とはいえ自分から出すほどマメじゃないんで、来た分に対してだけ返事してます。
 たかが十数枚ですが今日は遅ればせながらの年賀状を作ってみました。

 
 今じゃ作成はPCでやってるわけですが、今年はスキャナやプリンタを山から持ってくるのが面倒で新たに複合機を買ってしまいましたよ。
 私が居ると親からコピーや印刷とかを時々頼まれるし、実家用に1台置いといてもいいかと考えてたわけです。
 複合機なら単体でもコピーやデジカメプリントもできるし、私が不在でも便利に使ってもらえるんじゃないかなと…。

 ところで私の場合、PCの周辺機器で「滅多に使わないが無いと困る」ってのがスキャナとプリンタです。
 当初は写真画質に優れると評判だったE社を使ってたが、しばらく使わないとすぐにインクが詰まって時期に壊れてしまう。
 修理費は高いし定期的に何台も買い替えるのがイヤになってショップの人に相談したら「あまり使わないならC社の方が詰まりにくく修理代も安い」とのことでした。
 で、数年前にC社の中古を購入して以来、故障知らずで使えてますよ。

 …ま、この辺の話はあくまで私個人の経験上ですから、自分でも絶対正しいとは思ってない。なので参考にしないでくださいね。
 一度身に付いたイメージからなかなか抜け出せないもので、理性的でないと考えながらも当分E社を使う気がしないわけです。


 で、今回選んだのがHP社製でした。
 コンパクトで邪魔にならないし、何といっても6千円台で買える複合機というのが決め手でしたね。

 実はHP社のプリンタって前から気になってました。
 というのも昔(MacのクラシックOS時代)オフセットじゃない少々特殊な印刷会社でバイトしてたことがありまして、そこでは見本刷り(確認)用に畳ほどの大きさを印刷できるE社のインクジェットプリンタがありました。
 ところが「国産メーカーは赤系の発色が良くない」とのことでHP社のに入れ替えたんですよ。
 社員の方に聞くと「日本人と西洋人の色彩感覚の違いじゃないか? …たぶん浮世絵と油絵の違いみたいなもんだろ」なんて話をしてて、なぜかそれが記憶に残ってたんですよねぇ。

 もちろん以上の話が本当に正しいかどうかなんて私にはわからないことですし、今じゃ事情が変わってるかもしれません。
 私自身が少ない経験や人の話と本やメディアの知識などから、自分の価値観や個性みたいなのがつくられてる事実もあるわけで「もっと理知的にならなければ」と思いつつも、私ごときがすべてに正しい判断を下すなんて無理な話ではありますねぇ。


 …思いつくまま書き続けると、どんどん脱線して宇宙の果てまで行きそうなんで元に戻ります (^_^;

 
 印刷してみた結果、別にHP社のプリンタでも私にとって必用十分な画質はちゃんと出てますね。
 カメラが趣味だけどプリントにこだわる趣味は今のとこ無いんで、ムダな出費をせずに済んだと思っています。

 年賀状の図柄は吹雪の我が家と、干支にちなんで出没したウサギの写真を貼り付けておきました。
 デザインに凝る気は無く適当に作ったいい加減なもんですが、いただいたお礼と「相変わらず生きてますよっ」が伝わればOKなわけですね。


 というわけで、正月や年賀状とか個人的には興味ない習慣ではありますが、それなりに良い面もあるよなぁ…とも想います。
 なのであまりこだわらず素直に受け入れた方が吉かな? などと考えてる次第ですよ。
 



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1369-3a9f5165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。