でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっても人並みな年末

 現在は実家の世話になってるわけですが、年末は親と買い物に出かけたり友人と外出したりの日々ですね。

 今日は正月料理をあれこれ親と作ってたんですが、いわゆる「定番のおせち料理」ってのは何年もやってません。
 世間一般のおせちって子供の頃から別に美味しいとも思わなかったし、買い物に出て驚いたのは別に食べたいとも思わない食材が高すぎですよ~っ。

 正月らしい食事といえば雑煮とタコを食べる程度かなぁ…。
 なので食べたくて日持ちしそうなもんを、親と私がそれぞれ勝手に作ってる感じです。
 
 煮物は好きな食材を持ち寄って私が味付けしました。
 あと私が単独勝手で作ったのは「豚の角煮」「きんぴら(ゴボウ、ニンジン、レンコン、ダイコンの皮)」と「ポテトサラダ(我が家で獲れた紫イモを使用)」かな。

 ま、適当なもんですが、これで三ヶ日はキッチンにほとんど立たず食いつなげそうですね (^o^)
 好物の漬け物類は実家のに加え、私が持ち込んだ(野沢菜、粕漬け、味噌漬け等々)のもあるから当分困りません。


 ところで親は大晦日といえば「紅白歌合戦」がお約束で、今はテレビにかじりついてます。
 でも私は興味ないんで部屋でPC遊びしてるわけですね。

 
 個人的には祝祭日なんて「春分、夏至、秋分、冬至」しかないと、山暮らしを始めてから思うようになりました。
 これだけは「国家、民族、宗教、思想」に全く関係がなく、しかも地球上に住むすべての人の節目になると考えるからです。

 …ロクデナシの私でも一応は国家民族に所属してるわけですが、宗教や思想とかにとらわれ所属する気持ちは現時点で全くございません。
 なぜなら自由な発想や思考が制限されてしまうからです。
 
 だけど世間や家族の慣習を無視するほどのポリシーも無いもんですから、ある程度は合わせた方が楽しいかな?って気持ちでいますね。
 私は「楽しいことの中にこそ真理があるっ」と考えてる馬鹿者なんで「独り好き勝手に過ごす生活も大切だが、だからこそ人と一緒に楽しめる時間が貴重!」だとも思ってますよ~。


 というわけで、いつまで続けられるかわかりませんが人並みの年末年始を過ごせることは良いもんだと、想いながらの大晦日でした (^_^)



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1367-bb3dd39f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。