でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪山の世界にて想う…

 というわけで本年の山暮らしは終了しましたから、たぶん春に再開するまでリアルタイムなネタはありません。

 あとは書き損ねた山暮らしネタや思い出話、それに都会生活や趣味を通じて考えたことくらいしか書けませんし、このブログの主旨にあまり関係のないことは書きたくなかったりもしてます。

 なので今後はあまり更新することはないかもしれませんね。


 …これから書くのは先日の余談みたいなものです。


 山で過ごす最終日、雪でこれ以上進めないから車を林道の途中に駐めて我が家まで歩く道すがらのことです。
 雪道を歩いてると動物の足跡が沢山あって楽しい気分になります。
 


 左のがウサギ、右はタヌキのと思われます。

 こんな厳しい環境にもちゃんと適応して生きる能力があって、子孫繁栄のできる連中は本当に立派だと思いますよぉ~。
 いや、人間だって本来は熱帯から寒帯まで適応して生きられる、奴ら以上にたくましい存在なんですけど…。

 樹木だって木の芽を付けた状態で越冬してます。



 よくわからないけど時期が来たら素早く芽吹くように待機してるのと、動物たちに冬の食料を提供してるのかもしれません。


 なんかそう考えると山の生き物たちは自分勝手な個人主義に徹してることが、結果的に全体主義が完成して「お互い様」の共存共栄世界が成立してる。
 だからいちいち感謝なんかする必用もなく自由気ままに生きていれば良いわけで、個人的にはここが一番凄くてうらやましいと思ってますよ。
 人間はいつになったら奴らの生き方に追いつけるのだろう?と考えてしまいました…。


 そうそう、最後に玄関の郵便受けをガムテープで塞いでおきました。



 来春もシジュウカラに巣を作られたら厄介ですからね。
 その話題はここここらに書いてます。
 その後日談を書いてなかった気がするので記しておきますが、結局産卵してしばらくしたらいなくなってしまいましたよ(卵も無かった)。
 …たぶんヘビかカラスにやられたと思われ(親は逃げて生き延びただろうが)、それは私も予想してたんですけどねぇ…。

 玄関先にスズメバチの巣とかの迷惑危険なことや、私にとって明らかに邪魔で見苦しいことをされない限りはできるだけ生き物の自由意志(たぶんダメだろうと思っても)を尊重したい気持ちがあるわけです。
 それは別に生き物を思いやる気持ちからじゃなく、私自身が山暮らしをはじめた当初「できるわけがない」「ものにならんわ」と人から言われながらも、自由に続けられたことで何とかなった経験から「他者の自由意志もできるだけ尊重したい」考えが多少はあるんでしょうけどねぇ。

 ま、郵便受けを勝手に占拠された私も迷惑だったし、こんな危険な場所に営巣するアホな夫婦の面倒に関わらないよう手を打つのも生活上必要かな?と考えた次第です(たぶん連中も学習しただろうから、もう営巣しないとは思うが)。


 …ここの生活をしてると田舎での仕事や人間関係とかのこともあるけど、自然に生きる動植物やそこで栽培する野菜類に個人的な生活仕事等々が雑多に絡み合ってきます。
 ナマケモノの私には面倒なことが多い反面、決して退屈することのない現実が日々展開して面白いから、たぶん死ぬまでやめられない気がしてますよ。
 

 というわけで、これで今年のリアルタイム的なネタは本当に終了ですっ …(^_^;




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1366-9d73638a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。