でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の保存食あれこれ 1

 さて、先日収穫したノザワナ(以下野沢菜と表記)ですが、そのままだと曲げると茎がパキパキ折れてしまいます。

 なので我が家ではしんなり柔らかくなって漬け物樽に収まるよう数日干しておくわけです。
 外に干すのが常套でしょうが、カラマツの落ち葉やカメムシに侵入されるのがイヤなんで洗ったついでの風呂場に干しときましたよ。

 ネットで調べたところ本場信州の野沢地方では温泉で洗って漬け込むそうで、それならお湯で洗えばすぐに柔らかくなるよなぁ…などと考えたのは後の祭りでした。…来年はそのことも検討しましょう (^_^;


 で、本日様子を見たら「もう1日置いといてもいいかな?」って感じではあったが、さすがに今晩こそは風呂に入りたかったんで(何日入ってなかったっけ?)漬け込むことにしました。


 手順としては根(カブの部分)を切り落とし、葉を逆さまにして振ると厄介なカラマツの落ち葉がパラパラ落ちてきます。
 それでも全部取り切れませんが、適当なところで妥協しましょう。
 個人的には最高の落ち葉対策は「綿密に取り除くことを考える」より「気にしないこと」だと思ってますから。



 そして塩の量ですが目見当で行うとメチャクチャしょっぱくなるんで「5%の塩分」と計ることにしました(保存食だから塩分控えめにする考えは毛頭無い)。
 が、野沢菜の重量をどうやって知るか考えた結果、

 [野沢菜を抱えて体重計に載った値-手ぶらで体重計に載った値×5%] が塩分量となる計算式ですね(別に大げさに書くほどのことじゃないけど…)。
 体重計はデジタル式で必用十分な精度はあると思うんで、190gの塩が必用という結論でした。

 あとは薬味としてトウガラシとショウガです。



 トウガラシは試しに収穫したての未乾燥を刻んでみました。気まぐれで「青トウガラシもどうだろ?」って感じです。
 たっぷり使いたいショウガは収穫がわずかだったんで節約したけど、味見したら結構強烈でこの程度でいいかも?と思いましたよ。

 自称塩マニア?(だけど知識無し)の私としては、今回「アジア沖縄オーストラリアの塩田」に「ヨーロッパとアジア産の岩塩」をブレンドして使用。
 しかし微妙な違いなんてまるでわからない「味オンチ」ですから、適当で気分的なもんですねぇ。
 でも、専売品の塩と天然系のやつでは漬け物(特に浅漬け)じゃ私でも明らかに違いがわかる事実があります(なので誰でもわかると思う)。


 で、樽の底にカップ2杯ほどの水を入れ(その方が水が上がりやすいらしい)塩をぶちまけてから漬け込み開始です。



 漬かりにくい大きな奴が底になるように並べ、隙間を小さめの奴でうめて平になるように。
 それに塩と薬味をまぶして1段目。…って作業を繰り返します。

 …ま、駆け出しの素人が適当にやってることですから参考にしないでくださいね。
 ネットで検索すれば上手な野沢菜漬け方法は、いくらでも見つけられますから…。


 最後は蓋をして重しをしたら完了です(水が上がったら重しを一つに減らします)。



 ところで今回購入した20リットルの漬け物樽は適量でした。
 あの時欲張って全部収穫したら収まらなかったところでしたよ…。


 ちなみに野沢菜のカブは別に塩漬けしました。

 

 余った酒粕が少しあるんで、こちらは甘めの粕漬けにしようと考えてるところです。


 というわけで、野沢菜漬けを済ませたおかげで数日ぶりの湯船につかれましたよ。

 …うーん、漬け物しないと風呂に入れない生活ってのも変な気はするが、まぁいいかぁ~ (^_^;





スポンサーサイト

テーマ:美味しいもの - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1326-189c05c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。