でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ念願の屋根塗装 …3

 屋根の塗装ですが、やっと晴天続きに恵まれて3日間集中してできましたよ~。

 とにかくこれが最後のチャンスと思ったんで、他の作業はすべて放り出して食事もパンやイモにカボチャ(ホイルに包んでストーブの上に置いとけば食べられるんで)とかで済ませ、来客がないことを祈りながらペンキ塗り最優先の日々でしたねぇ…。


 他人が読んでも面白くないでしょうが、個人の備忘録として書き留めておきます。


 服装はペンキで汚れるだろうから、一番古くてボロい作業服を着用。
 履き物は地下足袋も持ってるけど履いたり脱いだりが面倒だから、投げ売り品を買っておいた足袋靴を使用。靴底が生ゴム系なんで滑りにくいです。

 

 刷毛はローラー式(波板用)を始めて使いました。細かい部分は小さな刷毛を使いますが、ローラーは仕事が早くて私みたいな素人でも簡単に塗れますね。
 塗料は当初油性のを予定してたが(油性が良いという職人さんのアドバイスによる)ローラー刷毛が「水性専用」と書いてあったんで仕方なく水性塗料にしましたよ。

 ちなみに既存のカラートタンは油性の焼き付け塗装と思われ、油性の上に水性は塗れないとのことです。
 しかしすでに色あせて粉を吹いた感じに劣化してるから、磨いてから塗れば大丈夫と思いました。
 …たぶん一般住宅のトタン屋根のほとんどは油性塗料だと思うし、それでも大丈夫だからこそ水性塗料が売られてると考えたわけです。
 とにかく理屈を並べる前にやってみて、それでダメならまた考えればいいやっ…という例によって投げやりな姿勢です。




 トタンはナイロンタワシでひたすら磨きました。
 しかし波板は作業が面倒で結構な重労働ですよ。たぶん右腕の筋肉はかなり鍛えられた感じだし体重も減りましたね。
 サビが出てる箇所は真鍮のワイヤーブラシで落とします。軽いサビなら鉄より真鍮の方が効率的だと思います。
 ちなみに磨く前と後を比べた写真です。




 今回はせっかく塗ったのに雨が降ってきて流れてしまったのが2回ありました。
 天気予報が当てにならない時期と地域だから、塗料をムダにしてしまい困ったもんですよ。
 さらに頑張って午後4時以降に塗ったやつも夜露で流れてしまいましたねぇ…。

 現実的にこの時期は、せいぜい昼前(朝露が消えてから)より午後3時過ぎくらいの間しか塗れないと思いました。
 それ以外の時間はトタンを磨く下準備ですが、これがまた予想以上に手間がかかるというか塗ってる時間より全然長かったりするんだな。
 しかも落ち葉の季節だから風吹けばすぐにこんな感じ。



 これじゃマメに排除したって塗料と落ち葉がどうしても多少は混ざってしまい、綺麗には塗れませんね。
 ま、考えてみれば日が短くていつ雪が降ってもおかしくないこんな季節に、素人が屋根のペンキ塗りすること自体「根本的に間違ってる」ような気がしましたけどね。
 しかし真夏は屋根が焼けてて死にそうになるから、結局は春から梅雨前の昼が長い時期か猛暑が去って紅葉する前の秋口くらいが適期みたいです。

 などと今さら気付いても遅いし、ここで投げ出すわけにも行かないんで何でもいいから区切りを付けましょうよ。


 ところで今回の屋根塗装は場所にもよるけど原則「下から上に」塗ってゆきました。
 というのは上から塗ると命綱に塗料が付いてしまうからですね。
 そして棟に近い部分は残して、最後にロープをどけながら塗ってゆくわけです。




 というわけで何とか全体の塗装を終えることができました。
 見れば塗りむらが目立つし本当は2度塗りしないとなんだけど、もうそんな時間はないと思います(塗料も残りわずかですし)。
 目的としては「とりあえず雪が落ちればよい」んで、続きは来春に剥げた塗料の補修とかも兼ねて2度目をやろうと考えました。

 で、一応は塗り終わった屋根の写真を撮ってみましたよ。
 西日のせいでカメラを構える自分の影が映ってしまったが、これもご愛敬かなぁ …(^_^;



 どっと疲れが出た3日間だったけど、久々に真面目な仕事をした達成感と満足な気持ちを得られました。


 余談ですが、一息入れて一服しながら屋根から眺める景色には幸せ感がありましたねぇ。

 

 何もない青空、冬を迎える季節の森。
 それらを疲れた無心でボーッと観てて想ったのは、結局私は国家や企業とかへまともに所属できないロクデナシに過ぎないということです…。

 だけど山の木々の中、そこで生活する生き物虫けら達の中に、できれば所属したいものだなぁ…なんて想いましたよ…。




スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1312-48d74f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。