でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命がけの好奇心?

 夕方ベランダの屋根に登って積もった落ち葉を掃除してたら、シジュウカラの死骸が出てきましたよ。

 私は生き物の生態とかに詳しくないんですが、子育て期を終えたシジュウカラは最近は群れで行動してるみたいですね。
 イネ科の雑草(たくさん生えてます)の実をついばむ姿を見かけますが、秋ソバの実もだいぶ食われてしまったかなぁ?


 で、それは吹き抜け窓の下にあったから、たぶん窓ガラスに激突して死んだんじゃないかと思いました。
 ちなみに我が家の窓に激突してくる小鳥が時々いますが、大抵は(たまに気絶してる奴もいるが)すぐに飛び去ってしまいます。
 正直ここで死骸を見つけたのは初めてだから、よほどの不運というか打ち所が悪かったんでしょうねぇ…。

 
 ところであらためて考えてみたんだけど、鳥が窓にぶつかる理由として鳥はガラスが見えないからだとわかります。
 しかし壁に激突するような間抜けは見たことないし、ここが人間という凶悪な生き物の住み家であることくらいは連中もわかってるんじゃないでしょうか。
 
 山で暮らしてると好んで人間に近づいてくる「鳥類、爬虫類、哺乳類」は基本的にいない事実を知るわけです。
 だけど中にはたまに遠巻きに私をずーっと観察してる鳥もいたりして、大胆な奴はすぐ近くまで寄って見に来ますよ(もちろんすぐに逃げられる安全圏は確保してますが)。

 余談ですが面白いのはカナヘビ(トカゲ)でして、人を恐れてすぐ逃げる奴と全く恐れずになついてくるみたいな個体と別れますね。


 人から聞いた話ですがニワトリ小屋でイタチやキツネに襲われ食われるのは「好奇心旺盛な奴」だとか。
 普通なら敵から逃げ隠れするのが本能なのに、中には相手に興味を持って自分から近づいてゆく個体がいるそうですよぉ。

 ま、人間界も同じみたいで、周囲と同じことをして過ごしてれば「生き残れる可能性が高い」という知恵があるようですしねぇ…。

 だから想ったんだけど、窓に激突して死んだシジュウカラは、もしかして我が家の中に興味を持ったのかもしれません…。
 入り口があるから突進してみたけど実はガラスでふさがれてて、激突→即死って顛末だったんじゃないかなぁ …?


 …本の知識で得た範囲ですが、大昔には気候に地殻の変動とか環境が激変する変化が何度もあったそうです。
 多くの生き物たちは適応できずに滅びたらしいが、だけどその中に知恵を持って新しい環境にも適応する個体もあったとか。
 もしかしたら好奇心を持って今までにない食べ物や巣作りとかに挑戦し、自らを変えていった(進化?)のかもしれませんね。
 そしてそれらの中から新しい環境に子孫を残せる連中が出てきて、それが現在山で活躍してる生き物たちなのかも? …なんて想ったりしましたよ~。

 ま、平時においては役立たずのロクデナシで死んでゆく、馬鹿な個体たちなんでしょうけどねっ …(^o^;


 というわけで落ち葉に埋もれたシジュウカラの死骸は堆肥に入れようかとも思ったが、結局はブルーベリーとムラサキシキブのある場所に埋めました。
 来年はそれらの肥料になって木々の生育に貢献するでしょう。 …堆肥の材料にしようが地面に埋めてみようが結局は同じことですしね。

 別に死んだシジュウカラに対して「申し訳ない」とか「かわいそう」なんて感情は無いんですが、私自身が「いつかここで野垂れ死にして土に還りたい」って気持ちはあるわけです。

 なのでもし地べたで死骸になってる私を見つけた人が、腐りかけて見苦しいからと落ち葉でも被せてくれたら少しだけうれしいかな? …って気がしただけのことでした (^_^)




スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1305-5582c0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。