でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働かないアリさん

P5165391.jpg

 小屋を解体中、窓のアルミサッシをはずした時のことです。

 窓枠の下部分が真っ黒けで、しかも動いています。
よく見ると体長1cm弱のアリの大群です。卵やさなぎどころか羽アリまでいます。
 こんなの初めて見ましたが、サッシの枠の下を巣にしていたのですね。
(写真は結構時間がたってからのものです。はずした瞬間は本当に真っ黒でした)

 当然アリたちは大パニック。
卵やさなぎを運び出そうと必死で働いています。

 その時、以前話題になったニュース記事を思い出しました。
「働きアリといっても、その一部はサボったり、ただウロウロしているだけで全く働いていないことが判明した」という内容です。
 それを思い出して興味がわいたので、アリの働きぶりを観察してみました。

 大半のアリは一生懸命仕事をしているのですが、確かに一見働いてるように見えて実は何もせず、ウロウロしているだけの奴らがいますね。
 そのうちの一匹を追跡調査してみましたが、他の連中が必死に運び出し作業をしているのに、そいつは大事な卵なのに平気で踏んづけたりして、ただ歩き回っているだけです。
 別に管理職的な立場でもなさそうだし、単に働いてるふりをしているだけに見えますね。

 巣の存亡に関わる一大事なのに、見事なまでのダメっぷりです。


 子供の頃にNHKで「働くおじさん」という、様々な職種の仕事ぶりを紹介する教育番組がありました。
 でも、今のご時世には「働かないおじさん」という番組をつくったら面白いかなと思ったりもしました。
 そしたら私の所にも取材が来そうですけどね…(^-^;

 かつてはどの会社にも役に立たないグータラ社員が普通にいたように思います。
現在は、そのような人は次々とリストラされ、生き残った社員には次々と密度やレベルの高い仕事を要求されていると聞きます。

 徹底的にムダを排し、極限までに合理的で高密度な仕事をすることで有名な、誰でも知ってる超一流企業があります。
 でも素晴らしい製品をつくり出す業績のかげで、毎年数十人の自殺者と精神に異常をきたす人たちもつくり出しているそうです。従業員の方から、こっそりと教えてもらいました。

 どうも全員が一丸となって徹底的に働くことは、おじさんにもアリさんにも良くないみたいな気がします。

例のニュース記事でも
「ムダが無いはずの自然界、それも働き者のアリの世界でこのような個体が存在しているということは、種の保存や繁栄のために必要かつ重大な理由があるはずだ。興味深い研究テーマである」
みたいなことが書かれていました。


 話は戻りますが、解体中に不本意ながら潰してしまったアリの死骸がたくさんありました。
「これを見ながら作業するのはイヤだなぁ」と思っていましたが、次の日に来て見ると、きれいさっぱり無くなってます。
 誰が片づけたか知りませんが、山には知らぬ間にいろんな仕事をする生き物がいてくれて助かります。
 


P5165394.jpg

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。