でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ念願の屋根塗装 …2

 半月くらい前から屋根の塗装をやってるんですが、さっぱり進みませんねぇ …(^_^;
 というのも最近は雨がちの天気だし、人様の仕事も結構入ってきてるから作業に適切な日がほとんど無いんですよ~。

 しかも天気予報が当てにならない時期というか地域だから、一日雨のはずが全く降らなかったり晴れの予報なのに雨だったりと困ったもんです。
 今回購入した水性塗料は油性より扱いやすくていいが、反面乾く前に降られると見事に流れてはじめから塗り直しになってしまいます。
 ま、こんな時期に屋根のペンキ塗りなど根本的に間違ってるんだなぁ…と思いましたが、ここで投げ出すわけにもいかないから続けてるわけです。


 ところで一部を除き7寸勾配(35度)の屋根だから命綱がないと作業できません。
 なので棟にロープを渡すわけですが、約6間のスパンがあるから長さが足りず煙突の囲いで(傷まないよう当て木をして)中継してますね。


 (これは半月くらい前の写真で、現在は紅葉がかなり進んでます)

 私はいつ死んでもいいやっ…と考えてるロクデナシですが、さすがに不条理な死に方は好まないんで(落ちたら痛いのがイヤだっ)万一に備え命綱を2本張ってます。



 腰袋の安全帯も棟からじゃ長さが足りないんで、とりあえず荷締めベルトをダブルで使用。
 たぶん登山用とかに良い道具があるんでしょうが、予算がないから今あるモノで何とかするのが基本ですね。


 ところで長引いてる最大理由が、下地のトタンを磨く作業だったのは予想外でした。
 真面目に錆を落として丁寧に磨いてたら、もうそれだけで1週間はかかりそうです。
 なのでだんだんというか加速度的な手抜き作業になって行き、それでもこの季節に夏の格好で汗だくになってる自分がバカバカしくて面白かったりしますよぉ …(^_^;


 で、一応効率を考えて波板を効率よく磨く道具も作ってはみたのですが…



 基本はナイロンタワシで錆びが多い場所にワイヤーブラシを使用ですが、同じ作業を繰り返す職人じゃないんで効率よい道具を考え工夫するヒマがあったら「手を早く動かす」のが総合的に一番効率的かと思いましたよ~。


 というわけで、とりあえず屋根の半分は塗れたかな。
 私は赤色が好きで、屋根も赤がいいよなぁ…って思ってたんですよ。
 できれば薪ストーブと同じみたいなワインレッド系の濃い赤が希望ですが、ホームセンターには「赤さび色」しか見あたらないんで妥協した次第です。



 …写真じゃ手前上部分が塗れてないんですが、これは雨で流れてしまったんですよ。
 天気予報じゃ「夜遅くから雨」とのことだったんですが、夕方に塗り終わったとたんに降ってきてガッカリです。
 水性塗料だから乾く前だと跡形もなく流れてしまいすねぇ。これで3回目ですよぉ…。


 ま、お天気だけは手が出ない領域だから、降られて仕事がパァになったところで「怒り、悲しみ、後悔」等の感情はわきません。
 …確かに経済的にはカツカツだけど、不運を楽しむくらいの余裕はあるつもりですからねっ (^o^)
それに自然相手の生活って、万事がこんな調子だから慣れてますよ…。

 だけど「別に超能力とかは欲しくないが、せめて天気を正確に知る能力だけは身につけたいものだなぁ…」なんては想ってみました。
 




スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1292-c8d12d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。