でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイタカアワダチソウの役割

 黄色い花はセイタカアワダチソウです。



 昨年初めて我が家の敷地で発見し今年も生えてきましたが、着実に増えてますねぇ。
 河川敷や空き地等を占領してる場面をよく見ますが、ものすごい繁殖力で我が家でも何とかせねばと考えてましたよ~。


 ところが少し調べてみたら意外な効能もあることがわかりました。
 例えばこちらのサイトによると、根の構造から地下50㎝くらいの場所から肥料分を吸収してるとか。
 そういやあまり深い地面まで根を張る植物は少ないから、そこから肥料分を運ぶ役割があるとも言えるわけです(枯れて腐れば地表に肥料が蓄積される)。

 もちろん諸行無常で盛者必衰の世の中ですからセイタカアワダチソウの天下もやがては終わり、他の植物たちに豊かな土壌を提供するわけですね。

 そして樹木なんかはさらに深い地中から広範囲に養分を集めては落ち葉等が地表に肥料を与え、動物たちに花や果実を提供しています。
 で、枯れて倒木にもなれば大量豊富な有機物を大地に捧げるわけです。


 ちなみに厄介者に見えるセイタカアワダチソウだけど、実は人間にとっても効能があるそうで例えばここなんかを読むと雑草として駆除するのがもったいない気がしましたよ。

 
 というわけで、人間以外の生き物は「自由気ままに生きる」だけで地球や他者のために役立ってるみたいだなぁ…と考えてみたわけです。
 ついでに本来の自由気ままには「自分さえよければ」的な要素が無いようにも思いました。

 そして私も含め自由気ままに生きている人間は、全くといっていいほど存在していない気がしましたよぉ…。





スポンサーサイト

テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1282-326af68a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。