でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶碗一杯の幸せ

 今年はバケツでイネを育ててみましたが、先日収穫して大した量じゃないから室内で乾燥してました。
 その経過は田植え成長期収穫と、その様子を書いてます。

 過去のブログ写真では2つのバケツしか紹介してませんが、合計6個のバケツに植えてみましたよ。
 他の2つは全くの無肥料(土自体も肥料分がほとんど無いと思う)で、残り2つはひとつまみだけイネ用の化成肥料を与えて様子を見たわけです。

 その結果、やはり無肥料のバケツでは生育や収量が著しく劣り、初期にある程度の肥料分は必用かと思いました。
 化成肥料をひとつまみバケツは無肥料より明らかに生育や収量に差がありましたからね。
 写真で紹介してたバケツは薫炭を混ぜたりある程度肥料分のある土だったんで、それなりの収穫ができたんだと考えられます。
 
 ちなみにビニール池もどきの細工をして露地に植えたのは、どうも穴が空いてたようで水が溜まらず(水田にならず)結果はさっぱりでした。


 で、収穫したイネは乾燥後に割り箸で脱穀し、ドライヤーの風で空の籾を飛ばして一応の選別をしてみましたよ。
 その結果がこちらです。



 写真は籾殻の付いた状態で、玄米にしたらさらに量が減るでしょう。
 でもご飯に炊いたら倍くらいに膨れるから、当初の希望であった「お茶碗一杯分のご飯」には一応なりそうですね (^_^)


 今回の結果をみて来年もバケツイネはもちろん、できれば露地に1坪から数坪くらいの小さな田んぼを作ってみたいもんだと思いました。

 ちなみに昨年は知人の農作業を1日手伝って報酬に10㎏の玄米を手に入れました。
 それを新米の時期から食べてるわけですが未だ食い尽くすことなく、たぶん今月いっぱいは大丈夫みたいです(冬場に実家で過ごした時期は食べてないが)。
 私は現在「一日二食」で、麺類やパンも好きだからコメを食べるのは日に一度ということが多い食生活ですよ。
 
 なのですべての主食にコメを食べたとしても、私の場合はせいぜい年間3~40㎏くらいの消費量でしょう。
 計算上は上手につくり収穫したとして、だいたい我が家の建物面積ほどの田んぼがあればご飯の心配が解決するのかな?って感じですね。


 ま、とにかく今回は子供の遊びレベルの稲作でしたが、日本人の主食であるコメを「一応は自分でも作れたっ」という幸せ感を得ることができましたよ (^o^)




スポンサーサイト

テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1270-0ec88fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。