でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツタケは秋の味覚の王様か?

 そういや今秋はマツタケが大豊作らしいですね。
 先日職場で観たバラエティ番組でも、大量のマツタケの匂いをかぎながら至福の表情で演技するレポーターの姿がありました。


 で、仕事帰りに近所の有名安売りスーパーに寄ったらカナダ産のマツタケが売ってましたよ。



 数えてみたら13本で何と590円の値札ですっ!
 うーん、どうしようか迷って売り場をふた回りしましたが、結局買い物カゴに入れてしまいましたよぉ~。
 個人的に単価が500円を超える食材は滅多に買うことがないんで、悩み多き課題ではありましたね (^_^;


 ちなみに私がマツタケを食べるのは生まれてから2度目の出来事でした。
 私の母は「落ち武者が隠れ住んだ」とされる山奥の集落で生まれ育ったんだけど、一度も食べた経験がないそうですよ。
 ま、元々マツタケを食べる風習のない地域だったのか、10人兄弟の末っ子だった母まで回ってこなかったかは不明ですけど…。

 なので実家の食卓に登場するわけもなく、二十歳を過ぎた頃に500円で売られてたのを見つけ初めて食してみたんですよ。
 あの安さはたぶん中国か北朝鮮産だったと思われますが、味も香りもなくて単なる「美味しくもないキノコ」という感想でした。
 もちろん国産の格調高い?マツタケを知らないので、偉そうに語れる身分じゃありませんが…。

 しかし今回のカナダ産はそこまで粗悪じゃなかったようで、一応は某社の「松茸の味お吸い物」程度の香りはしましたね。
 とりあえず王道の「土瓶蒸し」もどきの電子レンジで蒸してみましたが、正直この匂いが至福の表情になるほどありがたいもんだとは思いませんでした。


 日本(というかマスコミ界では)「秋の味覚の王様」とか言われ、最上の高級品みたいなイメージなんですけど、個人的には「変わった匂いがして食べられるキノコ」という程度の感覚ですかねぇ…。 

 とりあえず「松茸ご飯」を作ってみるつもりでしたが、なんか面倒になったんで小分けの冷凍にしてしまいましたよ。
 で、夕食後にシチューを作ったんですが、エリンギを入れると美味しいっ…って話を思い出し、その代わりにマツタケを入れてみました。
 


 一応証拠写真ということで、マツタケをほじくり出してみましたが…。
 ちなみにこれはビーフシチューじゃなくて、肉は豚の細切れを少々入れただけ。
 基本的には我が家でとれた野菜をぶち込んだ「ごった煮」です。


 というわけで夕食後に仕込んだものだし、煮物類は翌日以降に食べるのが我が家の原則です。
 明日食べてみて美味しかったら、結果報告をするかもしれません…って程度の料理でした …f(^_^;





スポンサーサイト

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1268-280b51cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。