でたらめ山暮らし/ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間と動物が関わる世界

 というわけで、3日ほど我が家を留守にしてました。
 今回は別の用事で出かけてたのですが、放し飼いの動物もいるからと最終日に少しだけ見学させてもらいましたよ。


 離れた場所に繋がれてるのだが、私を見ると(他の人もそうかな?)やたら「メエェェ~」と声をかけてくるヤギがいるから見に行きました。



 繋がれてるといっても杭に引っかけてあるだけで、その気になれば簡単に脱出できる程度のもんですけどね。
 別にどーでもいいから平和に繋がれてる風情に思えましたよ。



 ところが行くと向こうから近づいてきて、私に角を当てしゃくり上げるように押してくるんだなぁ。
 …私は昔、突然突進してきた雄ヤギの角で突き飛ばされたトラウマがあるから、恐怖を感じ離れてしまいましたよ。
 仔ヤギからの付き合いなら相手の気分や行動が読めるけど、イヌネコみたいに接した経験がないから判断が付かないわけです。
 態度を見る限りは怒って攻撃してるように見えないんですが(じゃれてきたような気がする)、未知のことに飛び込むほどの勇気はありませんでしたよぉ~。


 で、ヤギから離れて歩くと草むらにヒツジを発見です。



 ヒツジやヤギって目が異質だからイマイチ表情がわからないんですよねぇ…。
 なのでこちらに興味があるのか警戒してるんか不明だし、とにかくじっとしてこちらをうかがってるから(私が去るまで同じポーズで固まってた)こりゃ無視してるのが無難かなぁ?と考えた次第です。


 さらに放し飼いのニワトリがつがいでいまして、写真を撮っても知らん顔だしおとなしい連中かと思った矢先です。



 雄鶏が私のスキを見てダッシュで跳び蹴りをしてきましたよぉ~。
 しかもその場所が「弁慶の泣き所」ですから、結構痛かった(声が出なくなるほどではなかったが)です。
 …こいつははじめに大声で威嚇してくるチンピラなんかと違い、無言でいきなり行動する奴だから本気度が高いと思いました。

 しかし私としても「何しやがるんだこの野郎~っ」って気持ちと、久々の闘争心が沸いてきましたよ~ (^o^)
 再びダッシュで飛びかかってくる相手に、こちらも蹴りを入れて(もちろん本気ではしないが)反撃してやりました。
 向こうもナメてかかれる奴じゃないと認識したのか、羽毛を逆立てて大きく見せながらの戦闘モードです。

 だけど面白いのは、向こうも結構落ち着いて写真を撮らせてくれる余裕があることです。




 私としては連中の住む先にミニブタ(個人的にブタはとても好きだし興味があるんです)の住み家があるので先に進みたいのですが、雄のニワトリとしてはたぶん自分のテリトリーと雌鳥のため、要するにメンツをかけて侵入者に戦いを挑んできたのでしょう。
 個人的には奴を力ずくで押さえつけ首をひねれば勝利できる作戦も考えたのですが(必死な相手に無傷じゃすまないでしょうけど)、そんなことをすれば他人(飼い主)を含めた騒ぎになりますよね。

 命がけで向かってくるニワトリをボコってまで、ブタを見に行く理由もないと考えた時点で私の負けですね。
 …あとは「逃げるが勝ちっ」ってことですよ。

 スキを見せると攻撃してくる奴だから、にらみ合いながら後ずさりしていきます。
 それでも無言で突進してくるから、こちらも2度目の蹴りを決めてやりました。
 そのまま静かに退散して私の姿が見えなくなったとたん「コケコッコ~ッ」を連呼してましたよ。
 ま、勝利の雄叫びなんでしょうが、人間として少々シャクにさわる出来事でしたよねぇ …(^_^;
 

 というわけで、人間同士でもそうなんですから異質な生き物同士はさらに警戒して探り合いをするって話なわけでした。
 
 

 最後に余談ですが、先日仕事で訪ねた家のイヌはとっても平和な奴でした。
 イヌネコでも初対面は(お互い)警戒するもんですが、奴は全く吠える気配もなくニコニコ(顔に見えた)しながら近づいてきて、頭を垂れてきましたよ。

 舐めたりじゃれたりすることもなく、ただされるままで満足そうにしてる不思議な奴だったな。
 家人の話では「他人に全く吠えず放せば帰って来れず迷子になるし、どうも頭が足りないみたいだねぇ」とのことでした。
 なのに家族からとても可愛がられてて、改築で職人たちが出入りしてうるさいのに全く気にする様子もなく安心顔で寝ていましたねぇ。
 
 ちなみにイヌにしてはかなり変な顔をしてたけど、私の目というか記憶にはなぜか人間の顔として残っています。
 …こんなイヌみたいな人間でも安心して暮らせるような世の中になったらいいのに、って願わずにおれません。




スポンサーサイト

テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detarameyama.blog64.fc2.com/tb.php/1258-d3e6b5b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。